【音楽史】ドラムの歴史 Part12【ツーバス・ダブルバスドラム】

【音楽史】ドラムの歴史 Part12【ツーバス・ダブルバスドラム】
ドラムってどんな歴史があるの?
昔のドラムってどんな感じだったんだろう?

 

このような疑問にお答えする内容です。

 

 

ドラムスティック・マレットを開発している世界的なメーカーVic Firthが解説する「ドラムの歴史」をかんたんにまとめてみました。

 

今回はPart12として、ドラムの新しい奏法の誕生を振り返ります。

 

楽器の歴史を知ると、時代背景に沿った楽曲を作れるようになり、作曲の引き出しが増えますので、ぜひ最後までご覧ください!

(当時の再現演奏もあります!)

 

スポンサードサーチ

1952年

 

この年は、ドラムにおいて新しい時代の幕開けとなる年です。

とあるアルバムがリリースされ、そこで用いられた「あるドラムの奏法」が革命を起こしました。

 

実はこの年は、ダブルバスドラム(ツーバス、バスドラムを2つ使う手法)が誕生した年です。

 

現代ではヘビーメタルなどで使われるイメージがあるツーバスですが、実は長い歴史があるのです。

 

画像:ツーバス(https://www.stooshe.com/double-bass-tips)

 

Louie Bellsonとツーバス

 

スイング・ビッグバンドのドラマーLouie Bellsonは、1930年代後半(当時17歳)にあのGene Krupa(Part9参照)のコンテストで受賞し、一躍有名になります。

 

彼はただ素晴らしいドラムであっただけでなく、新しいスタイルを考えていました。

バスドラムを2つ使うというアイデアです。

 

1950年初期には、デューク・エリントンのオーケストラでツーバスを使用し、一躍有名に。

さらに彼はソングライターでもあったので、デュークの有名なアルバム「ELLINGTON UPTOWN」に収録されている「Skin Deep」という曲を書き下ろし、この曲でもツーバスを使用します。

 

 

さらに「The Hawk Talks」という曲でもツーバスを使用します。

 

 

この2曲が、最初にツーバスがしっかりと使われた曲と言えるでしょう。

このおかげで1950年代・1960年代の曲の多くでツーバスが用いられ、現在も使われているのです。

 


 

つづきのPart13はコチラ

https://www.mizonote-m.com/the-history-of-drums-vic-13/