【音楽史】ドラムの歴史 Part4【ドラムブラシの誕生】

【音楽史】ドラムの歴史 Part4【ドラムブラシの誕生】
ドラムってどんな歴史があるの?
昔のドラムってどんな感じだったんだろう?

 

このような疑問にお答えする内容です。

 

 

ドラムスティック・マレットを開発している世界的なメーカーVic Firthが解説する「ドラムの歴史」をかんたんにまとめてみました。

 

今回はPart4として、1913年ごろに誕生した「ドラムブラシ」の歴史を振り返ります。

 

楽器の歴史を知ると、時代背景に沿った楽曲を作れるようになり、作曲の引き出しが増えますので、ぜひ最後までご覧ください!

(当時の再現演奏もあります!)

 

スポンサードサーチ

ドラムブラシの誕生

 

ジャズなどによく用いられる「ブラシ」ですが、これには非常におもしろい歴史があります。

 

画像:動画より

 

1912年の資料を見ると、ハエたたきの特許が取得されていることがわかります。

実は、これとブラシには深い関係があるのです…

 

ドラムの音量問題

 

当時のドラマー達は、常に大きな音でプレイしており、他の楽器の音をかき消してしまうという問題を抱えていました。

 

20世紀はまだPAシステムがありませんので、アンプもありませんし、マイクもありません。

しかしドラムは現代とほぼ同じ大きさですので(バスドラムは今より大きいですが)、生楽器の音をかんたんにかき消すほどのうるささでした。

 

そのため、もっと小さい音量で演奏できるものがないかと、人々は考え始めました。

 

スポンサードサーチ

ハエたたきとブラシ

 

そこで思いついたのが、「ハエたたき」です。

 

この頃はまだプラスチックが誕生する前の時代ですので、現代のようにハエたたきはプラスチックではなく、金属毛でした。

伸縮式のものも開発され、好きな長さに固定することもできました。

 

こうして、ドラム製品を開発していた企業は、まだあまり注目されていないこの「ハエたたき」をベースに「ドラムブラシ」を生産していこうと決めたのです。

 

1920年ごろのブラシの使い方

 

1920年ごろに本格的に使われ始めたブラシですが、実は今とは違った使い方をされていました。

当時のドラマー達は、「スティックの静か版」としてブラシを使用していたのです。

 

2:27~2:37

 

1920年から1930年にかけて、人々は様々なブラシの使い方を発見していきます。

ブラシをスネアドラムにこすりつけて演奏するスタイルも、この頃に生まれました。

 

2:58~3:11

 

そして1930年代になると、人々はただのスティックの代用としてではなく、ブラシのサウンドそのものを求めてブラシを使うようになります。

 

3:30~4:16

 


 

つづきのPart5はコチラ

【音楽史】ドラムの歴史 Part5【ジャズと各楽器の歴史】