ヒット曲の作り方「楽曲構成の公式」【海外プロが教える】

ヒット曲の作り方「楽曲構成の公式」【海外プロが教える】
世界的にヒットしている曲の構成ってどうなってるの?「ヒット曲の公式」みたいなのがあるといいんだけど…

 

今回はこのような疑問にお答えします。

 

 

作曲家・コーチのFriedemann Findeisen氏が解説する「ヒット曲の楽曲構成の特徴」をかんたんにまとめました。

 

動画タイトルが「曲を作るときはこれを使え!」となっているほど、多くの世界的ヒット曲に使われている楽曲構成です。

主に洋楽に使われている構成ですので、特に「世界中で自分の曲を聞いてもらいたい」という方はぜひ実践してみてください。

 

スポンサードサーチ

ポップスの楽曲構成の典型例

 

イントローAメロー(Bメロ)ーサビーAメロー(Bメロ)ーサビーCメローサビ

 

英語で書くと…

 

Intro-Verse-(Pre)-Chorus-Verse-(Pre)-Chorus-Bridge-Chorus

 

これが、ポップスにおける典型的な構成です。

(Bメロ・Preがないものもあるので、Bメロはカッコでくくっています)

難しく考えず、この通りに曲を作ればOKです。

 

各セクション何小節にするべき?

 

各セクションは、このような構成であることがほとんどです。

 

イントロ:4小節
Aメロ1:16小節
Bメロ1:4
サビ1:8
Aメロ2:8小節
Bメロ2:4
サビ2:8
Cメロ:8
サビ3:8

 

もしDAWで曲を作っているなら、この通りにマーカーやリージョンを作ったテンプレートを用意しておくと便利です。

 

各セクションの「テンション」をあやつる

 

もう一つの公式として「サビは大きく、Aメロは小さくする」があります。

 

このように聞かせるためには、「サビをより大きく聞かせる」のではなく、「サビ前までをより小さく聞かせる」のが重要です。

ここからは、より具体的なテクニックをご紹介します。

 

ダイナミクスとアレンジ

Aメロに使う楽器数を減らし、楽曲をソフトに聞かせるようにすれば、サビは自然と大きく聞こえるようになります。

 

ピッチ

たとえばボーカルの場合、Aメロは低い音程で歌い、サビでハイトーンを出すなどします。

 

歌詞

Aメロは言葉が多くても良いですが、サビではワード数を限定します。

楽曲をまとめた・楽曲を象徴する5~6語以内におさめるようトライしてみてください。

 

作曲初心者はバンドスタイルからはじめよう

 

作曲初心者の人は、ロックバンドの構成で曲作りしてみることをおすすめします。

 

使う楽器はボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラムですね。

ロックバンドは使う楽器の数が限られているので、いい練習になるのです。

 

プロは50以上ものパートを扱うことがありますが、「圧倒的(な数)であるほど隠れやすい」です。

そのため、初心者の方はバンド編成のように数個のパートだけを使って曲作りをする方がいいでしょう。

 

バンドの曲を作るからといって、レコーディングする必要はありません。

サンプルやシンセを使ってもOKです。

 

スポンサードサーチ

新しい要素(パート)はいつ登場させればいい?

 

あの世界的に有名な音楽プロデューサーMax Martinは、インタビューで「新しい要素は1度に1つしか出さない」と答えています。

 

↓Max Martinに学ぶヒットソングの作り方はコチラでまとめています。

 

https://www.mizonote-m.com/learn-audio-engineering-maxmartin/

 

たとえばドラムの場合、Aメロはキックのみ、Bメロはキック+スネア/シンバルなど、徐々に要素を足していくのがよいでしょう。

 

まとめ

 

今回の内容をまとめると、このようになります。

すぐ使えるテクニックばかりですので、ぜひ今日から実践してみてください。

 

世界的ヒット曲の楽曲構成
イントローAメロー(Bメロ)ーサビーAメロー(Bメロ)ーサビーCメローサビ

小さく聞かせる→大きく聞かせて楽曲展開
ダイナミクス・アレンジ・ピッチ・歌詞の工夫で実現
ちょっとずつ要素を加える
新しい要素は一度に1個

 

 

関連記事