世界的ヒット曲の作り方・法則とは?【Max Martinから学ぶ】

世界的ヒット曲の作り方・法則とは?【Max Martinから学ぶ】
「世界でヒットしている曲の特徴や法則はあるの?」

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

Taylor SwiftやAriana Grande、Katy Perryなど、世界中の誰もが知るトップアーティストをプロデュースする「Max Martin」

今回は、Learn Audio Engineeringによる「Max Martinを徹底分析してみたシリーズ」をかんたんにまとめてみました。

 

第1回目のテーマは「Max Martinが手がけたヒット曲の共通点」です。

 

Max Martinがプロデュースしたあの超有名曲を聞きながら、ぜひご覧ください。

 

 

スポンサードサーチ

メジャーキーとマイナーキーの使用比率

 

彼のヒット曲のうち73%はメジャーキー、27%はマイナーキーでした。

メジャーキーの場合、特にGメジャーキーがよく使われています。

 

メジャーキーにおける楽曲分析

 

ここからは、メジャーキーにおける楽曲の特徴をご紹介します。

 

メジャーキーの楽曲でよく使われているダイアトニックコード

 

I(1th)、IV(4th)、V(5th)、vi(6th)

 

よく使われているコード進行

 

このコード進行のパターンがよく使われています。

 

I – V – vi – IV

vi – IV – I – V

 

マイナーキーにおける楽曲分析

 

ここからは、マイナーキーにおける楽曲の特徴をご紹介します。

 

マイナーキーの楽曲でよく使われているダイアトニックコード

 

i(1th)、iv(4th)、V(5th)、VII(b7th)

 

よく使われているコード進行

 

「4コード」のコード進行がよく使われています。

 

楽曲構成の特徴

 

次は、楽曲の構成や歌詞に関する特徴です。

 

1.1分以内にサビが始まる

 

多くの楽曲が、楽曲開始から1分以内にサビが登場しています。

だいたい40秒ごろからはじまり、早くて30秒から始まっています。

 

ここからわかる現代音楽の特徴として、「リスナーが楽曲を注意して聞ける時間は短い」ということです。

すぐサビに行く、すぐ楽曲の注目ポイントに行かないと、リスナーは遠ざかってしまいます。

 

楽曲のテンポを考慮しよう

 

小節数で考えたいときは、楽曲のテンポによって異なるので注意です。

速いテンポのときは遅いテンポの2倍の小節数で40秒に達するかもしれないし、遅いテンポのときは、速いテンポの半分の小節数で40秒に達するかもしれません。

 

2.わかりやすい歌詞

 

2つ目のポイントは「理解しやすい歌詞」です。

ほとんどの楽曲が、小学4年生レベルの英語の歌詞でした。
最も低いものは小学1年生レベルです。

 

Pinkの「So What」に関しては「0年生レベル」。
つまり、歌詞のほとんどが「ナナナ〜」だったのです。

もっとも高かったのが、この記事の冒頭に掲載した、日本人にはおなじみのTaylor Swift「We Are Never Ever Getting Back Together」と、Katy Perryの「E.T」。

 

 

理解しやすい歌詞にするメリット

 

誰にでもわかるようなかんたんな歌詞にすることで、「理解しやすい歌詞=近づきやすい」曲にすることができます。

ポップスが「インテリ性を感じないゴミだ!」というわけではないですよ。

 

Maxの母国語は英語じゃない

 

ここで重要なのが、Maxの母国語は英語ではないというところです。

 

確かに彼は英語歌詞の曲を聞いて育っていますが、英単語をすべて知っているわけではありません。

彼は、その言葉が持つ音や形、メロディーにどうフィットするかに注目しているのです。

 

実際に、彼はインタビューでもこのように答えています。

 

「僕らはいいなと思った音・言葉に惹かれている」

「いいメロディーであっても、ダメな歌詞に壊されてしまうことがある」

 

「英語のネイティブじゃない」が強み

 

Maxを見ていると、英語のネイティブスピーカーが正しい言葉の意味や文法・構文に取り付いてしまう一方で、ネイティブじゃない人の方がメロディーに合った音を持った言葉で歌詞を作りやすいこともある、と感じますね。

 

3.超シンプルなハーモニー構成(3~6コード)

 

3つ目の特徴は「とてもシンプルなハーモニー構成」です。

たったの3~6コードしか使っていないのです。

 

4.短くユニークなイントロ

 

4つ目の特徴は「短くユニークなイントロ」です。

これにより、リスナーをすぐ曲に引き込むことができ、「次に何が来そうか」「どんな感じの曲か」を考えさせることができます。

 

これも前述の「1分以内にサビがはじまる」と同様、速いテンポの曲なら1小節だけだったり、遅いテンポの曲なら4小節だったりします。

サビ(もしくはサビの一部)をイントロとして扱う場合も、Maxは2秒で曲を把握させることができるのです。

 

5.だんだん発展していく+新しい要素を1つだけ加える

 

5つ目の特徴は「1度に加える新しい要素は1つだけ、そして曲をだんだん発展させていく」です。

 

私たちの耳は、一度に何個もの新しい要素を聞き取る(理解する)ことができません。

Maxはこれに非常に気を配っていて、新しく追加した要素をどのように聞かせるか、どのように曲を発展させていくかをよく工夫しています。

 

こうすることで要素を付け足しすぎることも防げますし、これがMaxにとってもっとも大きな「シンプルの哲学」と言えるでしょう。

 

「シンプルさ」を使って曲のバランスを整える

 

これを応用して、たとえば「Aメロは忙しい感じにし、Bメロはゆったりした感じにする」「Bメロにワンノートメロディーを使うが、サビには使わない」などの工夫ができます。

 

↓ワンノートメロディーについてはこちらで解説しています

 

Taylor Swiftの作曲方法を分析してみた【○○を230回以上使用】

 

ちなみにこちらの記事では、別の人がMax Martinの作曲術について分析した動画をまとめています。

今回出てこなかった作曲術も紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

キャッチーな曲の作り方・コツは?「Max式作曲法」を解説!