キャッチーな曲の作り方・コツは?「Max式作曲法」を解説!

キャッチーな曲の作り方・コツは?「Max式作曲法」を解説!
世界中でヒットするキャッチーな曲って、どうやったら作れるの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

数々の作曲術を分析・公開している「The Art of Songs」のAliが、「Max Martinの作曲法」について動画で解説しています。

今回はこちらについてかんたんにまとめてみました。

 

Max Martinが手がけた曲の中で、最も日本人に馴染みのある曲はこの2つでしょう。

 

 

 

実はこの曲にも、今回ご紹介する「Max式作曲法」が使われています。

ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサードサーチ

1.メロディーが「王様」

 

1つ目のMax式作曲法は、「メロディーが絶対的な存在である」です。

 

Maxはとあるインタビューで、こう答えています。

 

「メロディーを最初に書くことで、そうでないものから書き始めた時よりも自由になれるんです。」

「いいメロディーがあるというのは、とても大事なことです。いいメロディーができたら、それにそって曲を作っていきましょう。複雑にしすぎないようにしてくださいね。」

 

メロディーと作詞の関係

 

また、Katy Perryの「California Gurls」でMaxと曲作りを共にした作詞家のBonnie McKeeは、このような発言をしています。

 

「(作詞は)とても数学的です。1行にある一定数の音節しか使えないですからね。そして次の1行は、まるで鏡で写したように全く同一でなくてはなりません。」

「もし音節を1つ足したり抜いたりしたら、それはもう、Maxにとっては完全に全く違うメロディーなのです。」

「私は自分が賢い・クレバーだと思ったものを書けます。しかし正しく聞こえてないと、Maxは興味を持たないんです。」

 

Katy Perry「California Gurls」の作詞パターン

 

 

Califolnia Gurlsの作詞パターンは、次のように表せます。

(画像:解説動画より)

それぞれ歌詞で使っている言葉は違いますが、A・B・C・Dそれぞれに使ってる音節の数は全く同じです。

(画像:解説動画より)

A:5音節
B:6音節
C:8音節
D:12音節

 

キャッチーな曲にするコツ

 

これが、Maxの曲がいつもキャッチーである理由といえるでしょう。

もともとのメロディーに歌詞をあてるだけでなく、音節数もぴったりそろえるのです。

 

2.サビを開始から50秒以内に登場させる

 

2つ目のMax式作曲法は「サビを開始から50秒以内に登場させる」です。

今となっては珍しい手法ではありませんが、Maxの登場以前はあまり使われていませんでした。

 

できるだけ早くサビを聞かせる

 

通常の楽曲は、Aメロ・Bメロ・サビという流れで楽曲が進みます。

しかしキャッチーなサビをできるだけ早く聞かせたいので、時にはBメロをカットし、Aメロが終わったらすぐサビに移るような構成にすることもあります。

 

実用例

 

実際にMaxが手がけた楽曲の例を見てみましょう。

確かにどの曲も、最初の50秒以内にサビが始まっていることがわかります。

 

Taylor Swift「Shake If Off」
0:42からサビ開始
Katy Perry「Roar」
0:47からサビ開始
Maroon5「One More Night」
0:30からサビ開始
The Weeknd「Can’t Feel My Face」
0:44からサビ開始
P!nk「Raise Your Glass」
0:38からサビ開始
Justin Timberlake「Can’t Stop The Feeling」
0:42からサビ開始

 

スポンサードサーチ

3.3~4以上のパートを使わない

 

3つ目のMax式作曲法は「曲中でメロディックなパートを3~4個以上使わない」です。

Maxの有名な作曲術に、「新しい要素を加えるのは1度に1つだけ」というものがありますが、これに関連していますね。

 

Maxはとあるインタビューで、こう話しています。

 

「多くの情報を使いすぎてはいけないと思います。」

「清澄さ(の実現)は、僕が非常に苦しむところです」

「映画のように、1度に付け加えられる新しい情報は1つだけ。一番最初のシーンで10人ものキャラクターを登場させることはできないのと同じです。次に出てくるものの準備をする前は、1つだけ知りたいですよね。」

 

最小限のパート数で楽曲を作ることが、Maxの曲がヒットした理由の1つと言えるでしょう。

 

4.メロディーパーツをリサイクル

 

4つ目のMax式作曲法は「メロディーパーツをリサイクルする」です。

あるメロディーを、曲中で何度もリサイクルしながら使っていくのです。

 

たとえば、Aメロで使ったパートを別パートとしてサビで使ったりします。

これにより、リスナーに「親しみやすさ」をもたせることができます。

 

心理学的にいうと「単純接触効果」を使っていることになります。

同じ要素を何度も聞かせることで、純粋に「いいものだ」「魅力的だ」と思わせることができるのです。

 

Kety Perry「E.T」での実用例

 

これのよい例が、Kety Perryの「E.T」です。

 

 

Aメロで使われていたメロディーが、サビで「リサイクル」されています。

Aメロ(Katyパート)は1:03~、サビは1:41~ですが、比較して聞くとメロディーがほとんど同じですね。

 

スポンサードサーチ

5.バランスを取る

 

5つ目のMax式作曲法は「バランスを取る」です。

 

たとえば…

 

Aメロでリズミカルな細かい音のメロディーを使う
→サビでは対照的にリズミカルではない、ロングトーンを多めにしたメロディーにする
Aメロはテンポにぴったり合ったリズム
→サビはテンポとぴったり合わないリズム

 

Maxはとあるインタビューで、こう話しています。

 

「砂糖と塩で考えるとわかりやすいですね。常に『バランス』が大事です。Aメロがちょっとごちゃごちゃしているなら、その後は少し整えた方がいいでしょう。変化が必要なんです。Taylor Swiftの『Shake If Off』がいい例で、ドラマの向こうにある『数学』が非常にはっきりしています。」

「曲中でコードがたくさん変わる場合は、同じメロディー構成にとどめておいたほうがいいですね。繰り返しになりますが、これはバランスについての話です。」

 

まとめ

 

今回の内容をざっくりまとめると、このようになります。

 

1.メロディーが「王様」
2.サビを開始から50秒以内に登場させる
3.3~4以上のパートを使わない
4.メロディーパーツをリサイクル
5.バランスを取る

 

Max Martinの作曲術については、こちらの記事でもまとめています。
キャッチーな曲を作れるようになりたい方、ヒットメーカーになりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

 

https://www.mizonote-m.com/learn-audio-engineering-maxmartin/