【音楽】アップビート・ダウンビート・オンビート・オフビート・バックビートの違い

【音楽】アップビート・ダウンビート・オンビート・オフビート・バックビートの違い
音楽におけるアップビート、ダウンビート、オンビート、オフビート、バックビート…似たような言葉だけど、何が違うの?覚えられない…

 

今回はこのようなお悩みにお答えする内容です。

 

Martin Cohenによる「アップビート・オフビート」の解説と、MusicSchoolOnline.comによる「オンビート・オフビート」の解説、OnlineDrummerによる「バックビート」の解説をまとめてみました。

 

 

名前が似ているので混乱する人もいるかもしれませんが、この記事を読めばサクっと覚えられます!

 

スポンサードサーチ

アップビート(Up Beat)とダウンビート(Down Beat)

 

アップビートは「裏拍」、ダウンビートは「表拍」のことです。

 

1小節を数える時に「1と・2と・3と・4と」と数えることがありますが、この数字の部分がダウンビートで、「と」の部分がアップビートです。

英語だと「1 and, 2 and, 3 and, 4 and」と数えますが、「and」の部分がアップビートです。

 

画像:https://youtu.be/sOUnDNa-vNo

 

なんとなく「アップ=表」というイメージがあるかもしれませんが、重心がかかる部分がダウンビートになります。

指揮をする時は表拍で手を振り下げ(down)、裏拍で手を振り上げ(up)ますね。

ドラムでいうと、片手で4分音符を叩く時、スティックを「振り下げたとき(down)」がダウンビート、スティックを「振り上げたとき(up)」がアップビートになります。

 

3:34~

 

オンビート(On Beat)とオフビート(Off Beat)

 

オンビートは「通常の強拍」で、オフビートは「通常の強拍からズレているところ」を表します。

たとえば4/4拍子の場合、通常は1・3拍目に強拍が置かれます。

そのため、4/4においてのオンビートは「1拍目と3拍目」で、オフビートは「2拍目と4拍目」になります。

一般的に、オンビートにはバスドラム、オフビートにスネアドラムを使うことが多いです。

 
オフビートは「強拍からズレているところ」という意味なので、ジャンルによっては裏拍=オフビートになることもあります。
 

オンビートでバスドラム、オフビートでスネアドラムを鳴らす例
 
3:32~

 

スポンサードサーチ

バックビート

 

バックビートは、アクセントが置かれる拍のことです。

多くの楽曲では2・4拍目をアクセントに置くので2・4拍目をバックビートとすることが多いですが、ジャンルや曲によってはバックビートを2・4拍目からずらしてプレイされることもあります。

 

バックビートが2・4拍目に来ている例

1:13~

 

バックビートが2拍目・3拍目16分ウラに来ている例

1:23~

 

バックビートが2拍目・4拍目16分ウラに来ている例

1:58~

 

2:27~

 

バックビートが2拍目・4拍目8分ウラに来ている例

2:40~