【DTM】無料で使えるおすすめプラグイン・音源【シンセ編】

【DTM】無料で使えるおすすめプラグイン・音源【シンセ編】
フリー音源で作曲したいんだけど、いいプラグインないかな?
できるだけお金をかけずにDTMを始めたい…

 

今回はこのようなお悩みにお答えする内容です。

 

 

数々の音楽制作動画をアップしているAnother Producerが解説する「無料で使えるバーチャルインストゥルメント集 2020年版」をかんたんにまとめてみました。

 

今回ご紹介するのは、そのうちの「シンセ音源」です。

シンセはいろいろなジャンルで使えるので、この機会にぜひおためしください!

 

スポンサードサーチ

1.Tyrell N6

 

画像:動画より

 

Tyrell N6は、u-he社によるフリーシンセです。

 

公式サイトでは、Tyrellそのものだけでなくプリセットもダウンロードできます。

これでより多くのサウンドを使えるようになります!

 

Tyrell N6 公式サイト

 

使い方・デモ音源

 

 

2.Symptohm PE

 

画像:動画より

 

Symptohm PEは、Ohm Force社のシンセです。

特にベースの音がおもしろいのが特徴です。

 

インストールした後のUI(見た目)はユニークなのですが、見辛い人は普通のUIをインストールすることをおすすめします。

 

Symptohm PE 公式サイト

 

デモ音源

 

 

スポンサードサーチ

3.TAL-NoiseMaker

 

画像:動画より

 

TAL-NoiseMakerは、TAL Software社のシンセです。

「ノイズメーカー」という名前になっていますが、ノイズだけでなく普通のシンセサウンドも作れます。

 

TAL-NoiseMaker 公式サイト

 

使い方・デモ音源

 

 

4.HELM

 

画像:動画より

 

HELMは、Matthew Tytelによる「フリークエンシーモジュレーションシンセ」です。

 

超有名なシンセにはNative Instruments社の「Massive」、Xfer Recordsの「Serum」がありますが、これらと同じタイプのシンセです。

「フリークエンシーモジュレーションシンセ」の入門としては、このシンセが最適と言えます。

 

HELM 公式サイト

 

フリークエンシーモジュレーションシンセの特徴

 

このタイプのシンセは、各パラメータが視覚的に表示されて見やすいのが特徴です。

またいじれるパラメータが多いので、自分好みのサウンドを作りやすいという特徴があります。

 

デモ音源

 

 

5. Dexed

 

画像:動画より

 

Dexedは、Pascal GauthierによるYamaha DXx7をベースにしたシンセです。

DXx7は、商用デジタルシンセとしては初めて成功を収めたとして有名なシンセです。

 

Dexed 公式サイト

 

使い方・デモ音源

 

 

6.Tunefish 4

 

画像:動画より

 

Tunefish 4は、Brain Control社によるシンセです。

パーカッシブなシンセをはじめ、たくさんのプリセットが使えます。

 

Tunefish 4 公式サイト

 

デモ音源

 

 

スポンサードサーチ

楽器別 無料おすすめプラグイン

 

こちらの記事でまとめていますので、シチュエーションや楽器に合わせておためしください!

 

【DTM】無料で使えるおすすめプラグイン・音源【生ドラム編】

【DTM】無料で使えるおすすめプラグイン・音源【サンプラー編】

【DTM】無料で使えるおすすめプラグイン・音源【エレキベース・アコギ編】

【DTM】無料で使えるおすすめプラグイン・音源【シンセ編】

【DTM】無料で使えるおすすめプラグイン・音源【バンドル編】

【DTM】無料で使えるおすすめDAW・作曲ソフト Best10【前編】