採用されるデモ音源の作り方・トレーニング方法【超有名音楽レーベルが教える】

採用されるデモ音源の作り方・トレーニング方法【超有名音楽レーベルが教える】
音楽レーベルに採用されやすいデモ音源はどうやって作れますか?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

今回はあの世界的音楽レーベル「Armada Music」のRuben Meijerが答えた「採用されるデモ音源の作るためのトレーニング方法」をまとめてみました。

How To Submit Your Demo

 

よく「デモ音源は最初の10秒で決まる」といいますが、この「10秒でいいなと思われる曲」はどうすれば作れるようになるのでしょうか?

 

今回はこちらについて解説しています。

 

ぜひArmada Music所属アーティストの代表曲を聞きながらご覧ください。

 

 

 

スポンサードサーチ

採用されるデモ音源の作るためのトレーニング方法

 

ステップは4つあります。

 

1.最低30曲以上、好きなだけ曲を作り、プレイリストに入れる
2.プレイリストをシャッフルしながら、曲を10秒間だけ聞く
3.「10秒聞いて、その曲のアイデンティティがわかったもの」をリスト化する
4.そのリストを見ながら、「なぜ10秒聞くだけでその曲らしさが伝わったのか?」「何がその曲をおもしろいと思わせたのか?」を分析する

 

これを行えば、30曲=多くの曲がある中でも印象に残る曲を作る手がかりが得られます。

A&R(デモを聞く人)は毎日膨大な量のデモを聞いていますから、曲を量産→A&Rになったつもりで聞く→分析という手順は、非常に有効的ですね。

 

また、「30曲作ったけど全部同じ曲に聞こえるな」など、自分のクセや特徴をあらためて知る機会にもなります。

他の誰かにやってもらうのもいいですね。

 

ぜひトライしてみてください。

 

なお、デモ音源の送り方や送り方に関するQ&Aはこちらでまとめています。