音楽レーベルが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」とは?

音楽レーベルが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」とは?
音楽レーベルでデモ音源を聞く人たちが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」ってどんなもの?何にピンと来るの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

今回は、ロンドンのアーティストマネジャーAttilio Puglieseが語る「音楽レーベルが思う『いいアーティスト』『いいデモ音源』」をまとめてみました。

数々のアーティストと仕事を共にした敏腕マネージャーのAttilioのアドバイスは、デビューを夢見る人たちにとって非常にタメになります。

 

※記事中の「僕」は、Attilio本人を指します。

 

スポンサードサーチ

Q.もし誰かがあなたに曲を聴いてほしいと思っていたら、何にピンときて「この人はいいアーティストだな」と思いますか?

 

まずはオープンマインドに接し、その人たち(希望者)全員の音楽を聴きます。

どこに新しい「発見」があるかわからないですからね。

 

その人にどんなバックグラウンドがあろうと、その人の音楽は「新しいもの」として聞きます。

 

「タイミング」も重要

 

デモを聞いていると、やっぱり「これは前に聞いたことのあるタイプの音楽だな」と思うことはあるので、何か特別なものを感じさせるものがあるといいなと思います。

 

ただ、聞くタイミングにもよるところがあります。

今日聞いて「これはヒットするぞ!」と思っても、1~2週間前、6ヶ月前に聞いたらそうでもないと思うかもしれません。

 

「これからのトレンド」によって評価が変わる

 

タイミングや、我々が考える「次に来るトレンドは何か」によって変わると思います。

僕らがトレンドを作っているとはあまり思いたくないですが、それが「見える」というアドバンテージが持っています。

なので、もしその「次にはやるもの」に沿って活動しているいい人を見つけたら、社内では「その人に目をつけてみよう」という話になりますね。


 

敏腕音楽マネージャーAttilio Puglieseが質問に答えるシリーズ

 

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ

マネージャー・レーベルとうまくやっていく&息の長いアーティストになるためのコツ

売れる&”呼ばれる”アーティストになるためのコツ【敏腕マネージャーが答えます】

デモ音源を送って返事がなかったら何をするべき?【敏腕マネージャーが答えます】

経歴のあるアーティストの方が採用に有利なの?【敏腕マネージャーが答えます】

 

アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいの?

音楽レーベルが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」とは?

デモ音源のメールの書き方 コツは3つ!【敏腕マネージャーが答えます】

アーティストデビューするためにコネを作る方法とは?

デモ曲を送った後、メールでフォローアップ(追撃のメール)するべき?

 

アーティストとしてデビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなの?

知名度を上げるには「露出を増やす」「音楽のクオリティを上げる」どっちが大事?

いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ