いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?

いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?
いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?シンガーとしてはポップスをやっているけど、音楽プロデュースする時はテクノなんだよな…

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

今回は、ロンドンのアーティストマネジャーAttilio Puglieseが語る「いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?」をまとめてみました。

数々のアーティストと仕事を共にした敏腕マネージャーのAttilioのアドバイスは、デビューを夢見る人たちにとって非常にタメになります。

 

動画ではDJを対象とした話をしていますが、記事に出てくる「DJ」を「音楽家」「作曲家」「シンガー」などに置き換えてOKです。

 

※記事中の「僕」は、Attilio本人を指します。

 

スポンサードサーチ

Q.あるタイプの音楽をプロデュースし、一方でDJで別のタイプの音楽をやっていたら、よくないでしょうか?

 

たくさんの人がやっていることなので、問題ではないですね。

たとえばスタジオではポップス・インディー・ハウス・ディスコなどを作り、DJではテックハウスをプレイしている、という感じ。

こういうタイプの人は、SpotifyやSound Cloudでよく見かけます。

 

場にあった音楽をやるのがベスト

 

DJでのステージは、どれも違ってきます。

テックハウスが合うときもあれば、テクノが合うときもあります。

 

環境によって柔軟に対応していかなければなりません。

 

経験を積むと、「今はこの曲が合うな」「今度はこっちの曲がいいな」などがわかってきます。

そして、そういった経験が「特別なもの」を生み出す力になったり、次に”来る”サウンドを作る力になってくるのです。

なので、DJプレイ時と制作時で違うタイプの音楽をやるのは、足を引っ張るようなことではないと思います。


 

敏腕音楽マネージャーAttilio Puglieseが質問に答えるシリーズ

 

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ

マネージャー・レーベルとうまくやっていく&息の長いアーティストになるためのコツ

売れる&”呼ばれる”アーティストになるためのコツ【敏腕マネージャーが答えます】

デモ音源を送って返事がなかったら何をするべき?【敏腕マネージャーが答えます】

経歴のあるアーティストの方が採用に有利なの?【敏腕マネージャーが答えます】

 

アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいの?

音楽レーベルが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」とは?

デモ音源のメールの書き方 コツは3つ!【敏腕マネージャーが答えます】

アーティストデビューするためにコネを作る方法とは?

デモ曲を送った後、メールでフォローアップ(追撃のメール)するべき?

 

アーティストとしてデビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなの?

知名度を上げるには「露出を増やす」「音楽のクオリティを上げる」どっちが大事?

いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ