経歴のあるアーティストの方が採用に有利なの?【敏腕マネージャーが答えます】

経歴のあるアーティストの方が採用に有利なの?【敏腕マネージャーが答えます】
アーティストと契約して曲をリリースするとき、すでにリリース経験のある人と全くの新人、どっちが有利とかあるの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

今回は、ロンドンのアーティストマネジャーAttilio Puglieseが語る「経歴のあるアーティストの方が、新人よりも採用に有利なのか?」をまとめてみました。

数々のアーティストと仕事を共にした敏腕マネージャーのAttilioのアドバイスは、デビューを夢見る人たちにとって非常にタメになります。

 

動画ではDJを対象とした話をしていますが、記事に出てくる「DJ」を「音楽家」「作曲家」「シンガー」などに置き換えてOKです。

 

※記事中の「僕」は、Attlio本人を指します。

 

スポンサードサーチ

Q.アーティストと契約して曲をリリースするとき、すでにリリース経験のある人がいいと思いますか?それとも、全くの新人がいいと思いますか?

 

どちらでも大丈夫ですね。

僕らは、その人の音楽が「新しいもの」であるかをチェックします。

 

もしその人と契約することになったら、アーティストの曲を一緒に聞いて、どのようなターゲット層を狙うかなどを一緒に考えます。

もしその人に経歴があれば、その経歴と共に仕事を進めていきます。

 

自分の曲をただ渡すな

 

ちなみにレーベルと契約することを夢見ている人たちにありがちですが、「ただ誰かに音楽を渡す」のはやめましょう。

音楽は大切な人生のために持ち続けるのです。

 

これは将来有望なDJたちから学んだことなのですが…

彼らは音楽を世の中に出すのがただただ楽しいのです。

 

みなさんにも、こうあってほしいですね。

 

曲のクオリティを上げ続けよう

 

もし1~2社のレーベルに音楽を拒否されてがっかりしたとしても、そこであきらめないでください。

曲のクオリティを上げ続けましょう。

 

レーベルを10個厳選&目を付ける

 

いいなと思ったレーベルを10個リストアップしたら、そのレーベルから目を離さないようにしましょう。

大変だと思いますが、あきらめないでください。

これが、前述のDJたちがやっていたことであり、注目を集めるための方法なのです。


 

敏腕音楽マネージャーAttilio Puglieseが質問に答えるシリーズ

 

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ

マネージャー・レーベルとうまくやっていく&息の長いアーティストになるためのコツ

売れる&”呼ばれる”アーティストになるためのコツ【敏腕マネージャーが答えます】

デモ音源を送って返事がなかったら何をするべき?【敏腕マネージャーが答えます】

経歴のあるアーティストの方が採用に有利なの?【敏腕マネージャーが答えます】

 

アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいの?

音楽レーベルが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」とは?

デモ音源のメールの書き方 コツは3つ!【敏腕マネージャーが答えます】

アーティストデビューするためにコネを作る方法とは?

デモ曲を送った後、メールでフォローアップ(追撃のメール)するべき?

 

アーティストとしてデビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなの?

知名度を上げるには「露出を増やす」「音楽のクオリティを上げる」どっちが大事?

いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ