アーティストデビューするためにコネを作る方法とは?

アーティストデビューするためにコネを作る方法とは?
デビューするために、影響力のある人と会うにはどうすればいいですか?やっぱりコネが大事だと思っているのですが…

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

今回は、ロンドンのアーティストマネジャーAttilio Puglieseが語る「アーティストデビューするためにコネを作る方法」をまとめてみました。

数々のアーティストと仕事を共にした敏腕マネージャーのAttilioのアドバイスは、デビューを夢見る人たちにとって非常にタメになります。

 

※記事中の「僕」は、Attilio本人を指します。

 

スポンサードサーチ

Q.音楽業界の影響力のある人に出会うには、どうすればいいですか?

 

たとえば、何かのイベントやライブのバックステージに行けたら、間違いなく影響力のある人、自分の憧れの人と出会えるでしょう。

しかし、誰もがバックステージに行けるわけではないですよね。

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

外に出る、会話をする

 

まずは外に出ること。そしてとにかく第一に、音楽です。

音楽があれば、ゆくゆくは誰かが目をつけてくれます。

 

あとは会話に入り続ける努力をすることですね。

 

個人レベルで仲良くなろう

 

まずは「個人レベルでの関係」から始めましょう。

彼らを一人の人間として仲良くなるのです。

そうすれば、のちのち音楽の契約や仕事に持ち込むことが非常に楽になります。

 

何度か会っているうちに、相手が「彼はすごくイケてるね。僕は好きだな」と思ってくれるようになります。

そして自分が音楽をしていることを話せば「君が音楽プロデュースをしているなんて知らなかったよ。よし、君の曲を聞かせてもらうよ。」という流れにだってなります。

そのため、「何回会えばいいか」という具体的な回数を教えることは難しいですね。

 

積極的になりすぎないよう注意

 

中には、自己コントロールができない人たちもいて、友達のように肩を抱いてくる人などもいます…

でもよく考えてみてください。

 

みんな、積極的すぎる人や挑戦的すぎる人よりも、一緒にいてリラックスできる人、イケてる人と一緒にいたいはずです。

 

ステージに立つ人はみんなアーティストで、何時間も練習してステージに立つわけです。

バックステージに降りたら冷静になって落ち着きたいのに、そこに「ウワーッ」と積極的すぎる人が来たら…どうでしょうか?

これでは、第一印象はよくないでしょう。


 

敏腕音楽マネージャーAttilio Puglieseが質問に答えるシリーズ

 

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ

マネージャー・レーベルとうまくやっていく&息の長いアーティストになるためのコツ

売れる&”呼ばれる”アーティストになるためのコツ【敏腕マネージャーが答えます】

デモ音源を送って返事がなかったら何をするべき?【敏腕マネージャーが答えます】

経歴のあるアーティストの方が採用に有利なの?【敏腕マネージャーが答えます】

 

アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいの?

音楽レーベルが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」とは?

デモ音源のメールの書き方 コツは3つ!【敏腕マネージャーが答えます】

アーティストデビューするためにコネを作る方法とは?

デモ曲を送った後、メールでフォローアップ(追撃のメール)するべき?

 

アーティストとしてデビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなの?

知名度を上げるには「露出を増やす」「音楽のクオリティを上げる」どっちが大事?

いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ