【DAW・DTM】Pro Toolsが愛される理由とは?

【DAW・DTM】Pro Toolsが愛される理由とは?
何で「レコーディングにはPro Toolsがいい」と言われているの?他のDAWじゃダメなの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 


 

Clean BanditのメンバーJack Pattersonと、彼と共に音楽プロデュース・ミキシングをしているMark Ralphが語る「Clean Banditでの音楽制作」のインタビューをかんたんにまとめました。

そのうち、今回は「”Ableton LiveとPro Toolsの使い分け」についての部分をまとめています。

 

 

 

Clean Banditは、「Rather Be」「Rockabye」「Symphony」など、非常に多くのヒット曲を出しているアーティストです。

この3曲だけでも、YouTube再生回数は70億回を超えます。

 

3曲で70億超えというとんでもない数字を叩き出しているメンバーのJackは、AbletonとPro Toolsの二刀流。

このインタビューでは、この2つの使い分けと、Pro Toolsのよさについて語ってくれています。

 

スポンサードサーチ

AbletonにはなくPro Toolsにあるもの

 

前はAbletonだけで作業していましたが、ボーカルやストリングスを録ったときは扱いにくいんですよね。データの整理ぐらいです。

 

Pro Toolsを使って、「VCAグループを使えることの強さ」「ストリングスをレコーディングするときの、マルチマイクを扱える強さ」を感じました。
Abletonではたくさんのグループを作っていて、混乱していました。

 

また、Pro Toolsではボーカルの伴奏を作りやすいですね。全てのテイクを同じように扱うことができます。また、何かトラックを隠したり削除するのもとても簡単。年々プロジェクトはどんどん大きくなっていっていますが、Abletonだと「トラックを隠す」という操作ができないんです。そういった点でも、Pro Toolsはいいなと思ってます。

 

このインタビューで、Jackは以下の3点がAbletonにはなく(もしくはやりづらく)、Pro Toolsにあるものだと答えています。

 

・VCAグループが使える
・マルチマイクを扱える
・全てのテイクを同じように扱える
・トラックを削除しやすい
・トラックを隠しやすい

 

Clean Banditは、チェロやバイオリンなどのストリングスが非常に象徴的なグループ。

これに加えてボーカルもレコーディングしますので、かなりの数のトラックを使うことになります。

そのため、彼らにとってはレコーディング時やレコーディング後にデータを扱いやすいPro Toolsを使うのがベストなんですね。

 

まとめ

 

今回の内容をざっくりまとめると、「Pro Toolsはレコーディング時・レコーディング後のデータの扱いがラク」というお話でした。

DAWはたくさんありますが、1つ1つ特化しているものや備わっている機能が違ってきます。
ぜひ自分の音楽制作スタイルに合ったDAWを使ってみてください。

 

DAW選びの基準については、こちらの記事でまとめていますので、あわせてご覧ください。

 

おすすめのDAWは?違いは?DAWの選び方を解説!【海外プロ解説・初心者向け】

Clean BanditのJack&Ralphのインタビューシリーズ

プロが実際にやっている作曲の仕方とは?【コツは3つ】

海外プロの作曲方法とは?【音楽のミニマリストになれ】

【DAW・DTM】Pro Toolsが愛される理由とは?(当記事)