CメジャーキーとAマイナーキーの違いって何?【レラティブキー・平行調】

CメジャーキーとAマイナーキーの違いって何?【レラティブキー・平行調】
CメジャーキーとAマイナーキーって、どう違うの?聞き分け方はある?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

オンラインギターレッスンを行なっているSignals Music Studioが解説する「レラティブモード~CメジャーとAマイナーは同じなのか?~」をかんたんにまとめてみました。

 

「Cメジャーキーの平行調はAマイナーキー」というのは、聞いたことのある方も多いでしょう。

しかし、どちらも全く同じ音「CDEFGAB」を使っています。

 

一体何が違うのでしょうか?

また、何が「これはCメジャーキーだ」「これはAマイナーキーだ」と決定づける要素になるのでしょうか?

 

早速みていきましょう!

 

スポンサードサーチ

キーとなるのは「中心の音」

 

結論から言うと、その曲のキーが何なのかを決定づける要素となるのは「トーナルセンター(Tonal Center)」

つまり「中心の音が何になるのか?」です。

 

これをご理解いただくために、まずはこちらをご覧ください↓

 

画像:動画より

 

「CDEFGAB」の音をランダムに鳴らしている例です。

さて、これだけを見て「これが何キーなのか?」がわかるでしょうか?

 

画像:動画より

 

楽譜にはフラットもシャープもついていないので、Cメジャーキーかもしれませんが、Aマイナーキーかもしれません。

はたまた、同じ「CDEFGAB」を使うFリディアンモードかもしれません。

(モードについてはこちらで解説しています)

 

しかし音がランダムに鳴っているので、どちらかわからないですよね。

 

中心の音で響きが変わる

 

「メジャーキーは明るい感じ」「マイナーキーは暗い感じ」というのは、みなさんもよく耳にしたことがあると思います。

つまり、この「CDEFGAB」を使いながらCを中心に使うと「明るい感じ=Cメジャーキー」になり、Aを中心に使うと「暗い感じ=Aマイナーキー」になるのです。

 

では実際に、ベースでルート音をCにして演奏した時と、ルート音をAにした時で聞こえ方がどう変わるのか、聞き比べてみましょう。

 

1:20~1:30

 

Aをたくさん使っているので、Aマイナーキーのように聞こえます。

 

2:15~2:25

 

Fを中心としており、Fリディアンモードで使うコードを使っているので、Fリディアンに聞こえます。

 

3:07~

 

Dを中心にしているので、Dドリアンスケールに聞こえます。

 

3:28~

 

Eを中心にしているので、Dフリジアンスケールに聞こえます。

 

3:44~

 

Gを中心にしているので、Gミクソリディアンスケールに聞こえます。

 

4:15~

 

Bを中心にしているので、Bロクリアンスケールに聞こえます。

 

4:33~

 

Cを中心にしているので、Cメジャースケール(Cアイオニアンスケール)に聞こえます。

 

画像:動画より

 

このように、同じ「CDEFGAB」の音を使っていても、中心の音を変えるだけで別のスケールに聞こえるのです。

 

たとえば「CDEFGAB」を使いながら…

 

Cを中心音にすればCメジャースケール(Cアイオニアンスケール)
Dを中心音にすればDドリアンスケール
Eを中心音にすればEフリジアンスケール
Fを中心にすればFリディアンスケール
Gを中心にすればGミクソリディアンスケール
Aを中心にすればAマイナースケール(Aエオリアンスケール)
Bを中心にすればBロクリアンスケール

 

このように聞こえるようになります。

 

もちろん、使われているコードも考慮する必要があります。

しかし多くの場合は、「トーナルセンター(中心音)がどこか?」で響き方、キーが変わるのです。

キーを見極める際は、ぜひこちらに着目してみてください。

 

ちなみに今回出てきた「モード」についての解説は、こちらにまとめています↓

 

【作曲】7つのモードを作曲に使う方法【モードとは?】

 

【音楽理論】モードとは?しくみを理解しよう