【レコーディング】ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの仕組みの違いを解説!

【レコーディング】ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの仕組みの違いを解説!
録音用マイクには「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」があるけど、これって何が違うの?
中の構造ってどう違うの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

数々の音楽機材レビューを掲載しているPodcastageが解説する「ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違い」をかんたんにまとめてみました。

 

今回は、レコーディングしたときの音の違いだけでなく、マイクの中の仕組みにも着目して解説していきます。

これを知るとご自身の用途に合わせて使い分けられるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

スポンサードサーチ

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの音の違い

 

まずは、2つのマイクの違いやよく使われるシーンについて解説していきます。

 

ダイナミックマイクの特徴

 

ダイナミックマイクはとてもシンプルな構造をしており、その分少し粗い感じに音が録れます。

一方、とても大きな音(信号)もうまく処理できると言うメリットがあり、生活音などのノイズが入らないようにする働きもうまくしてくれます。

 

実は、ラジオなどの放送界ではダイナミックマイクを多く使われています。

 

ダイナミックマイクのメリット

 

・急に大きな音が録れてもうまく処理できる

・ノイズが入りにくい

・ラジオやポッドキャストなど、放送系のコンテンツに向いている

・コンデンサーマイクよりも作りが頑丈

 

ダイナミックマイクのデメリット

 

・音の細かいニュアンスが録れにくい

・周波数帯域すべてをきれいに録ることが難しい

・アウトプットが小さい

 

コンデンサーマイクの特徴

 

コンデンサーマイクは、ダイナミックマイクに比べてより繊細に音を拾うことができます。

そのため、「よく録れやすい・録れにくい周波数帯域」というものがダイナミックマイクよりも少なく、より自然に音を録ることができます。

 

しかしその繊細さ所以に、周りで鳴っているあらゆるノイズも拾ってしまいますので、注意が必要です。

 

コンデンサーマイクのメリット

 

・より自然に、繊細に音が録れる

・すべての周波数をしっかり録音できる

・アウトプットレベルが高い

 

コンデンサーマイクのデメリット

 

・ダイナミックマイクよりも壊れやすい

・大きな音を拾うと、音割れしやすい

 

スポンサードサーチ

実際の音の違い

 

それでは、実際に音を聞き比べてみましょう。

最初の筒状のマイクがダイナミックマイクで、2つ目の縦にセットされたマイクがコンデンサーマイクです。

 

3:28~3:44

 

音が入る方向によって音の録れ方が違う

 

マイクには、「単一指向性マイク」「無指向性マイク」「双指向性マイク」という3つのタイプに分けることができます。

 

単一指向性マイクは、マイクの正面から聞こえる音しか拾いません。

無指向性マイクは、マイクの周り360度すべてから聞こえる音を拾います。

双指向性マイクは、マイクに対して前後から聞こえる音しか拾いません。

 

それでは実際に、音の録れ方がどう違ってくるか、聞いてみましょう。

最初のマイクは単一指向性のダイナミックマイク、2つ目のマイクは全指向性のコンデンサーマイクです↓

 

3:44~4:02

 

スポンサードサーチ

自分に合っているマイクはどれ?

 

これらをまとめると、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクは、それぞれこんなシチュエーションに適していると言えます。

 

ダイナミックマイク

 

・ライブ系(ノイズを拾いにくい、大きな音でも割れにくいため)

・できるだけノイズを拾いたくない時

・ラジオやポッドキャストなど

 

コンデンサーマイク

 

・音響が整っている場所で使う時(音楽スタジオなど、防音材・吸音材などがしっかり整っている環境)

・より自然な音を録りたい時

 

マイクの中の仕組み

 

それでは最後に、マイクの中の仕組みに着目してみましょう。

中の仕組みを理解すると、なぜこの2つのマイクに違いが出るのか、より理解しやすくなります。

 

ダイナミックマイク


画像:動画より

 

ダイナミックマイクは、3つの大きなパーツで成り立っています。

 

・ダイアフラム(Diaphragm)
・ボイスコイル(ダイアフラムに付いているもの)
・マグネット(磁界を変えたり作っているもの)

 

まず、音波(みなさんの声やギターの音)がマイクに入り、ダイアフラムに到達すると、その下のボイスコイルが振動します。

マグネットが作り出している磁界の中でボイスコイルが振動すると、これが音波を電気信号に変換していきます。

音波を電気信号に変換することで、みなさんが使っているオーディオインターフェースやアンプ、パソコンに取り込んだり、処理できるようになるのです。

 

コンデンサーマイクの場合

 

画像:動画より

 

一方、コンデンサーマイクは主にこれらのパーツで成り立っています。

 

・ダイアフラム
・バックプレート
・ダイアフラムケース(ダイアフラムとバックプレートをまとめるもの)

 

この構造は「コンデンサー(蓄電器)」の構造として知られているもので、これゆえに「コンデンサーマイク」と呼ばれているわけですね。

 

このセットに電気を通す・溜めると、音波がダイアフラムに当たり、ダイアフラムがバックプレートに近づいたり離れたりします。

この動きにより、音波を電気信号に変換しているのです。

 

コンデンサーマイクの2つの種類

 

実はコンデンサーマイクは、さらに2種類に分類できます。

 

・スタンダードコンデンサーマイク
(トゥルーコンデンサー、エクスターナリーバイアスコンデンサーとも呼ばれる)

・エレクトレットコンデンサーマイク
(パーマネントリーバイアスコンデンサー)

 

スタンダードコンデンサーマイクはファントム電源を必要とするものです。

ファントム電源は上記の3点セットに電気を通す・溜めるために必要な電源で、これを使って電気を通します。

 

一方、エレクトレットコンデンサーマイクは半永久的に電荷を蓄える要素を使っています。

 

なぜエレクトレットコンデンサーマイクには電源が必要なの?

 

「半永久的に電荷を蓄える要素がある」なら、何でファンタム電源が必要なの?電気を蓄えられるんじゃないの?

こう思った方もいるでしょう。

 

実は、全てのコンデンサーマイクの中には「回路」が組み込まれています。

これによって、オーディオインターフェースなどについている「MIC Input」、マイクのインプットに差し込んで使えるようになっているわけです。

 

しかし、これを実現するためには、ほんの少し電源が必要になります。

そのため、電荷を蓄える部品が使われているとしても、この回路のために外部からの電源を必要としているのです。

 

なお、内部のしくみについてはこちらの記事が図で詳しく解説されており、わかりやすいです。

合わせてお読みいただけると、とても理解しやすくなります↓

audio-technica マイクロホンの内部構造

 


 

以上、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違いでした!

Amazonでも手軽に買えるマイクはたくさんありますので、ぜひ参考にしてください!

 

なお、マイクの力を最大限発揮するためのレコーディングテクニックはこちらにまとめています↓

 

ボーカルレコーディングを劇的にキレイにする2つのコツ【海外プロ解説】

 

【宅録初心者】自宅にボーカルブースを作る方法【レコーディング】