アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ
アーティストのマネージャーって、アーティストをどんな風に売り込むの?マネージャーに好かれやすい人ってどんな人?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

今回は、ロンドンのアーティストマネジャーAttilio Puglieseが語る「アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ」をまとめてみました。

数々のアーティストと仕事を共にした敏腕マネージャーのAttilioのアドバイスは、デビューを夢見る人たちにとって非常にタメになります。

 

※記事中の「僕」は、Attilio本人を指します。

 

スポンサードサーチ

Q.マネージャーは、アーティストをどのように売り出すのですか?

 

アーティストは一人一人違います。

 

マネージャーや会社側はマニュアルや公式的なものを使いますし、マネージャーがそれに固執するときもあります。

しかし、マネージャーはそれぞれのアーティストに対し、その人に合ったアプローチをしなければなりません。

 

でももしそこに「音楽」がなかったり、自分がしたいことについて思いがブレていたりすると、アーティストを売り出すのは難しくなります。

 

何かに固執しない

 

会社にはソーシャルメディアチームがいたり、マーケティングチームがいたり、iTunesやSpotifyなどのDSPで売り込みができたりします。

ですが、まだ「BeatPortが一番で、ここのTOP10に入らなきゃ」と言っている人もいます。

もちろんそれも大切ですが…

 

もしそのギャップを埋められて、SpotifyやiTunesでリリースして世界中でヒットしてたくさん再生されたら、アーティストを売り出すのはより楽になるでしょう。

多くのオーディエンスがいる場で売り込みができているわけですから、仕事もかんたんに手に入ります。

 

「一緒に仕事をしたい」と思える人になれ

 

大事なのは、「アーティストとして、本当の自分らしくあること」です。

アーティストが謙虚で頑張り屋でいると、マネージャーは「できる限りこの人を売り出したい!」と頑張れます。


 

敏腕音楽マネージャーAttilio Puglieseが質問に答えるシリーズ

 

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ

マネージャー・レーベルとうまくやっていく&息の長いアーティストになるためのコツ

売れる&”呼ばれる”アーティストになるためのコツ【敏腕マネージャーが答えます】

デモ音源を送って返事がなかったら何をするべき?【敏腕マネージャーが答えます】

経歴のあるアーティストの方が採用に有利なの?【敏腕マネージャーが答えます】

 

アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいの?

音楽レーベルが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」とは?

デモ音源のメールの書き方 コツは3つ!【敏腕マネージャーが答えます】

アーティストデビューするためにコネを作る方法とは?

デモ曲を送った後、メールでフォローアップ(追撃のメール)するべき?

 

アーティストとしてデビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなの?

知名度を上げるには「露出を増やす」「音楽のクオリティを上げる」どっちが大事?

いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ