知名度を上げるには「露出を増やす」「音楽のクオリティを上げる」どっちが大事?

知名度を上げるには「露出を増やす」「音楽のクオリティを上げる」どっちが大事?
アーティストとしてデビューするためには、露出を増やすことと音楽のクオリティを上げること、どっちの方が大事なの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

今回は、ロンドンのアーティストマネジャーAttilio Puglieseが語る「露出を増やすのと音楽のクオリティを上げるのは、どちらの方が大事?」をまとめてみました。

数々のアーティストと仕事を共にした敏腕マネージャーのAttilioのアドバイスは、デビューを夢見る人たちにとって非常にタメになります。

 

動画ではDJを対象とした話をしていますが、ここに出てくる「DJ」という言葉は「音楽家」「作曲家」「シンガー」などに置き換えてOKです。

 

※記事中の「僕」は、Attilio本人を指します。

 

スポンサードサーチ

Q.ステージに立つ・ライブをすることよりも、制作の方がより大切だと思いますか?

 

そうですね。制作の方が大切です。

 

もしステージで演奏する機会があったとして、そこでやらかしてしまったり、イベントの主催者などが「思ったのと違ったな…」と思ってしまったら、そのステージは今後、何の役に立つのでしょうか?

 

まずは少なくとも誰かをがっかりさせて、次へのチャンスを失うだけです。

しかし制作(プロダクション)の場合、そうなりません。

 

成長しつづけよう

 

結局、何が続けるモチベーションになっているのか、何が自分を成長させ続けているのか、という話になってきます。

世の中にはたくさんDJもいるしプロデューサーもいます。

 

ソーシャルメディア時代の今、すべてが毎日変化しています。

日々新しいスターが生まれ、何に関しても常に「大量・膨大」で、もうめちゃくちゃです。

こんな時代ですので、制作に一貫して打ち込む必要がありますね。

 

基本を徹底せよ

 

DJとしてのスキルがあれば、もちろん契約までの道はよりかんたんになるでしょう。

しかし、もし基本がしっかりなっていなければ、基本を厳かにしていれば、他の人と差をつけることはできないでしょう。


 

敏腕音楽マネージャーAttilio Puglieseが質問に答えるシリーズ

 

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ

マネージャー・レーベルとうまくやっていく&息の長いアーティストになるためのコツ

売れる&”呼ばれる”アーティストになるためのコツ【敏腕マネージャーが答えます】

デモ音源を送って返事がなかったら何をするべき?【敏腕マネージャーが答えます】

経歴のあるアーティストの方が採用に有利なの?【敏腕マネージャーが答えます】

 

アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいの?

音楽レーベルが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」とは?

デモ音源のメールの書き方 コツは3つ!【敏腕マネージャーが答えます】

アーティストデビューするためにコネを作る方法とは?

デモ曲を送った後、メールでフォローアップ(追撃のメール)するべき?

 

アーティストとしてデビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなの?

知名度を上げるには「露出を増やす」「音楽のクオリティを上げる」どっちが大事?

いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ