アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいの?

アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいの?
デビューを目指してるけど、SNSのフォロワー数が少ない…これって不利?やっぱりフォロワー数が多い方が目をつけられやすい?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

今回は、ロンドンのアーティストマネジャーAttilio Puglieseが語る「アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいのか?」をまとめてみました。

数々のアーティストと仕事を共にした敏腕マネージャーのAttilioのアドバイスは、デビューを夢見る人たちにとって非常にタメになります。

 

※記事中の「僕」は、Attilio本人を指します。

 

スポンサードサーチ

Q.InstagramやSound Cloudなどのフォロワーも評価として見ますか?それとも、基本的に興味を持った音楽だけ見るのですか?

 

フォロワー数も時々見ますが、やはり一番は音楽です。

 

音楽がよければ、僕らマネージャーはあなたの成功を手助けできます。

そして、マーケティングやソーシャルメディアチームにもはたらきかけて、成功するために一緒に努力できます。

 

なので、まずは「音楽」。何よりも先に音楽です。

 

SNSはあくまで「手段」

 

音楽がなければ、ソーシャルメディアも挨拶するためだけのものになってしまいます。

そこに「みんなが聞ける何か新しいもの、新鮮なもの」がなければ、何の勝ち目もありません。

 

ポイントは「長期的に成長できているか?」

 

僕はアーティストの情報をもらったとき、「そのアーティストの5年、あるいは10年間の動向を見れますか?」と聞きます。

1年だけ、2プロジェクトしかしていない人より、10年間の活動の形跡が見える人と仕事がしたいと思いますね。

 

1成長してくれさえすれば、僕らがさらに成長を手助けすることができるからです。

一夜にして出来上がるものなんてありません。

 

どれぐらい曲を作っていればいいの?

 

「どれぐらい曲を出せばいいのですか?」という質問に答えますが、あまり曲を出しすぎるのもおすすめしません。

最初は、もしできるのであれば、1年に5~6枚のEPを出してみてください。

 

毎週・毎年大量の情報・音楽が世の中に出回りますよね。

やりすぎは自分の首を絞めてしまいますが、これだけ大量の音楽が作られているのですから、それに対してほどよく競争心を持ってやることも大切です。

キャリアが積み上がっていくにしたがって、あなたの音楽もだんだんよくなっていきます。

そしたら一歩後ろに下がって、1年に3~4枚ぐらいのペースでEPを作り、DJならばリミックスもいくつか作りましょう。


 

敏腕音楽マネージャーAttilio Puglieseが質問に答えるシリーズ

 

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ

マネージャー・レーベルとうまくやっていく&息の長いアーティストになるためのコツ

売れる&”呼ばれる”アーティストになるためのコツ【敏腕マネージャーが答えます】

デモ音源を送って返事がなかったら何をするべき?【敏腕マネージャーが答えます】

経歴のあるアーティストの方が採用に有利なの?【敏腕マネージャーが答えます】

 

アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいの?

音楽レーベルが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」とは?

デモ音源のメールの書き方 コツは3つ!【敏腕マネージャーが答えます】

アーティストデビューするためにコネを作る方法とは?

デモ曲を送った後、メールでフォローアップ(追撃のメール)するべき?

 

アーティストとしてデビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなの?

知名度を上げるには「露出を増やす」「音楽のクオリティを上げる」どっちが大事?

いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ