アーティストとしてデビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなの?

アーティストとしてデビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなの?
デビューする・契約を取ろうと努力するのはどれぐらい大切なことなの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

今回は、ロンドンのアーティストマネジャーAttilio Puglieseが語る「デビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなのか?」をまとめてみました。

数々のアーティストと仕事を共にした敏腕マネージャーのAttilioのアドバイスは、デビューを夢見る人たちにとって非常にタメになります。

 

動画ではDJを対象とした話をしていますが、記事に出てくる「DJ」を「音楽家」「作曲家」「シンガー」などに置き換えてOKです。

 

※記事中の「僕」は、Attilio本人を指します。

 

スポンサードサーチ

Q.契約を取る・取ろうとすることは、どれぐらい大切なことですか?

 

時と場所によりますね。

もちろん、いろいろなところで演奏して、スカウトされて契約するということもあるかもしれませんが、それをすべてだと思わないでください。

「契約」は、成長や経験とともについてくるものです。

 

ブランド・レーベルに所属するのもアリ

 

大事なのは、「ブランド・レーベルに所属する」だと思います。

残念ながら、企業側は曲をリリースしたり、イベントに呼ぶ時に多くのアーティストをブッキングしたりしません。

そのため、レーベルからリリースしているたくさんの人とつながりを持つとよいでしょう。

 

つながりを持ち、「ファミリー」になる

 

彼らはみんな素晴らしい音楽を作っている人たちです。

そこで「ファミリー」になることで、彼らがどのようにして契約を勝ち取ったのか、知れるようになります。

これを行いターゲットのレーベルを絞れば、他の人よりもアドバンテージを持てるようになるでしょう。

 

自分の音楽に妥協しないこと

 

また、サウンドに関しては妥協してないでください。

もしみなさんが作った曲がいい曲だったら、フィードバックをくれて、契約もGETできるでしょう。

 

自分を犠牲にしない

 

ただ、みなさんがやっていることを犠牲にしないでください。

犠牲にすれば契約をGETできるかもしれませんが、あなた自身を失ってしまいます。

自分らしくいられなくなってしまうのです。


 

敏腕音楽マネージャーAttilio Puglieseが質問に答えるシリーズ

 

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ

マネージャー・レーベルとうまくやっていく&息の長いアーティストになるためのコツ

売れる&”呼ばれる”アーティストになるためのコツ【敏腕マネージャーが答えます】

デモ音源を送って返事がなかったら何をするべき?【敏腕マネージャーが答えます】

経歴のあるアーティストの方が採用に有利なの?【敏腕マネージャーが答えます】

 

アーティストは、デビュー前からフォロワーが多い方がデビューしやすいの?

音楽レーベルが思う「いいアーティスト」「いいデモ音源」とは?

デモ音源のメールの書き方 コツは3つ!【敏腕マネージャーが答えます】

アーティストデビューするためにコネを作る方法とは?

デモ曲を送った後、メールでフォローアップ(追撃のメール)するべき?

 

アーティストとしてデビューする・契約を取ろうと努力するのは悪いことなの?

知名度を上げるには「露出を増やす」「音楽のクオリティを上げる」どっちが大事?

いろんなジャンルの音楽をやるのはデビュー・契約に不利なの?

アーティストとして知名度を上げる・自分を売り込むためのコツ