【音楽史】ドラムの歴史 Part11【リズム&ブルース・シャッフル・バックビート】

【音楽史】ドラムの歴史 Part11【リズム&ブルース・シャッフル・バックビート】
ドラムってどんな歴史があるの?
昔のドラムってどんな感じだったんだろう?

 

このような疑問にお答えする内容です。

 

 

ドラムスティック・マレットを開発している世界的なメーカーVic Firthが解説する「ドラムの歴史」をかんたんにまとめてみました。

 

今回はPart11として、リズム&ブルース・シャッフル・バックビートの歴史を中心に振り返ります。

 

楽器の歴史を知ると、時代背景に沿った楽曲を作れるようになり、作曲の引き出しが増えますので、ぜひ最後までご覧ください!

(当時の再現演奏もあります!)

 

スポンサードサーチ

1948年に起こったこと

 

次に大きな変化が起こるのは、1940年代おわりの1948年です。

この年にはある有名な曲が誕生し、新しい音楽のスタイルを確立していきます…

 

前回のPart10では、ビーバップはビッグバンドの影響を受けたものだとお伝えしました。

今回ご紹介するのもビッグバンドから影響を受けていますが、プラス、ダンスのフィーリングを保ったスタイルの音楽です。

 

みなさん名前は聞いたことがあるでしょう、「リズムアンドブルース」です。

ビーバップと同じ、アフリカ系アメリカのスタイルの音楽です。

 

リズムアンドブルース

 

リズムアンドブルースはビッグバンドと似ていますが、ビッグバンドよりもより少ないホーンセクション(編成)で、四つ打ちのスタイルが基本です。

 

しかし人々を踊らせたいのであれば、より大きなサウンドにする必要がありますよね。

 

そこで使われたのが、エレキギターとエレキベースです。

これらのおかげで、人数が少なくてもより大きな音を出せるようになりました。

 

スポンサードサーチ

シャッフル

 

この頃のドラマーたちは、よりヘビーなグルーヴのドラミングを好んでいました。

そのために使っていたのが、「シャッフル」のリズムです。

 

ジャズのハイハットでおなじみの「ターン・タッタ・ターン・タッタ」というグルーヴではなく、「タッタ・タッタ・タッタ・タッタ」という、よりヘビーなグルーヴに聞かせるパターンを使い始めたのです。

 

1948年 ”Good Rockin’ Tonight”

 

1948年になると、大ヒット曲”Good Rockin’ Tonight”が誕生します。

この曲ではバックビート(2・4拍目)に重心を置いたフレーズが使われ、「ドッド・タッド・ドッド・タッド」というリズムが流行ります。

 

 

このバックビートに重心を置いたスタイルは、現代でもあらゆるジャンルで用いられているスタイルですよね。

むしろ、このスタイルでない音楽の方が珍しいかもしれません…

 

実は1948年になるまで、このバックビートに重心を置くスタイルは一般的ではなかったのです。

それまでもまだテクノロジーが進歩していなかったため、あらゆる理由でこのスタイルを叩くのが難しかったとも言えます。

 

今最も多く使われているバックビートのスタイルは、この”Good Rockin’ Tonight”が始まりでした。

今回ご紹介した「リズム&ブルース」「シャッフル」「バックビート」の時代の代表曲と言えるでしょう。

 

再現演奏↓

 

4:12~

 

スポンサードサーチ

シャッフルのドラミング

 

シャッフルでは、ジャズのライドシンバルの「ターンタッタ・ターンタッタ」のリズムが使われています。

 

5:50~

 

 

しかしリズムアンドブルースでは、「タッタ・タッタ・タッタ・タッタ」というフレーズが使われました。

 

6:01~

 

これらの違いをもう少しだけ詳しくみてみましょう。

 

最初はシャッフルのリズムでバックビートなし、次はバックビートを入れて叩いてみます。

 

6:18~

 

 


 

つづきのPart12はコチラ

【音楽史】ドラムの歴史 Part12【ツーバス・ダブルバスドラム】