今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part10【海外プロ直伝】

今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part10【海外プロ直伝】
今すぐ使えるDTMハックが知りたい!
とにかくいろんな作曲テクニックが知りたい!

 

今回はこのようなご要望にお答えする内容です。

 

 

有名音楽プロデューサーのJonas Adenが教える「音楽プロデューサーのためのかんたんなハック100選」をまとめてみました。

 

今回は最終回のPart10として、90~95個目のハックをまとめています。

初心者から中級者まで、現場で使える実践的なテクニックが満載です。

ぜひ最後までご覧ください!

 

91.どのようにコードを聞かせていくか、よく考えよう

 

たとえば、最初は1音しか使わず、徐々にコードの構成音を足していく…といったことができます。

 

92.別の要素のリズムを、ベースのリズムに使ってみよう

 

たとえばサビでスネアで使っていたリズムを、2番Aメロのベースのリズムとしてそのまま使ってみる、といったことが可能です。

 

93.その場で思いついた・感じたメロディーをそのまま歌ってみよう

 

歌が完璧でなくても大丈夫、ハミング程度でOKです。

これをメロディーの後ろにうっすら入れると、より良いサウンドになります。

 

19:00~

 

94.だんだん上がっていく音を入れてみよう

 

ピッチや音量がだんだん上がっていくような音(Riser系)をバックに入れてみると、曲がより前に進んでいく感じが出せます。

次のセクションに展開していく手助けになったり、緊張感を高めることができます。

 

95.リズム系を付け足したいと思ったら「ため息・吐息」を入れてみよう

 

スマホで自分のため息や吐息を録音して、それを入れてみるとよい雰囲気を作れます。

頭の中で思い浮かんだものをスマホですぐ録音して、それを自由に付け足していくイメージですね。

 

19:37~