【KSHMR解説】DTMerのための音楽理論基礎講座 Part1 – ディグリーネーム・スケール・コード-

【KSHMR解説】DTMerのための音楽理論基礎講座  Part1 – ディグリーネーム・スケール・コード-
音楽理論をざっくり学んで、作曲できるようにしたい!

世界的に有名なプロからテクニックを学びたい!

 
今回はこのようなご要望にお答えする内容です。
 

 

数々のプラグイン・サンプルを販売する「Splice」が監修「Lesson of KSHMR」をまとめてみました。

 
今回はそのうち、音楽理論基礎①で解説されている「 ディグリーネーム・スケール・コード」に関する部分をまとめています。
 

KSHMRは世界的に有名なDJ・音楽プロデューサーなので、このシリーズでお伝えするテクニックはまさに「プロ直伝」。
 

音楽制作で必ず使える情報が満載ですので、ぜひ最後までご覧ください!

 

Lesson of KSHMR 音楽理論基礎シリーズ
 
Part1:ディグリーネーム・スケール・コード
Part2:転回形
Part3:メロディーの作り方
Part4:レラティブキー(平行調)
Part5:ハーモニックマイナースケール
Part6:ハーモニックスコープ
Part7:アラビックスケール
 

スポンサードサーチ

ディグリーネームとマイナースケール

 

最初は、ディグリーネームについてお話します。
 

まずは、Aマイナースケールを打ち込んでみます。
 

全て白鍵(ピアノの白い鍵盤)なので、とてもシンプルです。
 

ここに、ローマ数字で1から7まで順番に番号を振っていきます。
 


 

画像:動画より
 

Aマイナースケールの一番最初のAの音は「I(1)」、2番目のBの音は「II(2)」となります。
 

そのまま半音ズラしたら?

 
では、これら全体を半音下にズラしてみましょう。
 

 
画像:動画より
 

G#から始まるスケールになり、これは「G#マイナースケール」であることがわかります。
 

 
画像:動画より
 
さらに半音1個分下げるとGから始まるスケールになり、これは「Gマイナースケール」になります。
 

マイナースケールの特徴

 
さて、お気づきになったでしょうか?
 
上記の例は、隣同士の音の差はそのままに、音程を半音ズラしただけです。
 
最初に打ち込んだAマイナースケールは、全音と半音がこのような順番で並んでいます。
 

全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音

 
半音=半音1個分の距離。Cの半音上はC#(Db)
全音=半音2個分の距離。Cの全音上はD

 

わかりやすく画像にすると、このようになります。
 

 
画像:動画より
 

「WHOLE STEP」は全音のことで、「HALF STEP」は半音のことです。
 
実はどんなマイナースケールも、最初の音は違いますが、この「半音と全音の並び」は常に一緒なのです。
 

マイナースケールの並び:全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音

 

5度上の音を重ねると?

 
では次に、Aマイナースケールの音に対し、全く同じ並びで5度上の音を重ねてみましょう。
 
5度上=スケール上で使われる音のうち、5個上の音のこと
 

 
画像:動画より
 

Aの5度上はEですので、最初の音に重なっているのはEになります。
 
実際に音を鳴らしてみると、このようになります(1:24~1:28)
 

 

この状態ですでに「コード」と呼べるのですが、このコードにも、ディグリーで数字を割り当てることができます。
 

 
画像:動画より
 

この中でも特に重要なのが、「サブドミナント」と呼ばれる4番目のコード(IV)、そして「ドミナントコード」と呼ばれる5番目のコード(V)です。
 

さらに正確なコードへ

 

次は、先ほどの5度上の音と同様、今度は3度上の音を足してみましょう。
 
例えばAの3度上はCなので、AトEの間にCの音を足す形になります。
 
全部で3音のハーモニーになるので、よりしっかりとキャラクターが出るサウンドになります。
 

 
画像:動画より
 
実際に音で聞くと、このようになります↓(3:09~3:15)
 

 

マイナーコードとマイナー3rd

 
今回はAマイナースケール上に使われている音を使いましたので、Iのコードの3度上の音がマイナー3rd(短三度)の音になっています。
 
マイナー3rdは、ベース音から半音3つ分上の音です。
 
(Aマイナーコードは、ベース音がAでマイナー3rdの音がCになります)
 

メジャーコードとメジャー3rd

 
では、IIIのコード(3番目のコード)も見てみましょう。
 
AマイナースケールだとCメジャーコードになっていますね。
 
ベース音がCですが、スケール上にはマイナー3rdであるEbの音が入っておらず、Eの音しかありません。
 
このEの音は、ベース音に対して半音4つ上の音。
 
そして、このベースに対して半音4つ上のことを「メジャー3rd」といいます。
 

メジャーコードとマイナーコード

 
つまり、ベース音と5度の音の間に入る音が「メジャー3rd」か「マイナー3rd」かによって、「メジャーコード」「マイナーコード」が決まるわけですね。
 
繰り返しになりますが、
 

メジャー3rd:ベース音に対して半音4つ上の音
マイナー3rd:ベース音に対して半音3つ上の音

 

これらは覚えておきましょう!
 

スポンサードサーチ

ディミニッシュコード

 
では、次に「ディミニッシュコード」について見ていきましょう。
 
 
Aマイナースケールにあるコードだと、2番目のコードが「Bdim」になっています。
 
dimは「ディミニッシュ」の略で、ディグリーネームで書くときは「φ(ギリシャ文字の”ファイ”)」を添えます。
 

ディミニッシュコードの特徴

 
ディミニッシュコードは、他のコードとは違い、ベース音と一番上の音(5番目)が完全5度になりません。
 
例えばCメジャーコードならCとGが完全5度の関係で、半音7個の距離があります。
 
 
しかし、ディミニッシュコードでは半音6個分の距離しかなく、半音1個分少なくなります。
 
例えばBディミニッシュコードだと、本来はCとF#になるはずがCとFの関係になりますから、5度の音が半音1個下がっている=b5th(フラットフィフス)という言い方もします。
 

「転回形」とは?

 
実はこれらのコードは、重なる順番を変えても成り立ちます。
 
例えば、1オクターブ下げたり上げたりすることで順番を変え、同じコードなのに響きを変えることができるわけですね。
 
 
こちらについてはPart2で解説していきますので、もっとコードの使い方が上手になりたい、コード進行のバリエーションを増やしたいという方は、ぜひ合わせてご覧ください↓
 

続き「Part2:コードの転回系って何?」
 

【KSHMR解説】DTMerのための音楽理論基礎講座 Part2 – 転回形-


 

Spliceプレゼンツ・KSHMRのDTM講座シリーズ

【KSHMR解説】DTMerのための音楽理論基礎講座 Part1 – ディグリーネーム・スケール・コード-
【KSHMR解説】DTMerのための打ち込みストリングス・エスニックサウンド講座 Part1
【KSHMR解説】DTMerのためのリバーブ講座 Part1
【KSHMR解説】DTMerのためのボーカルMIX講座
【KSHMR解説】DTMerのためのスネア講座 -打ち込み・MIXの5つのコツ-