【KSHMR解説】DTMerのためのシンセ講座 -Serumで作るリアルな音・映画音楽-

【KSHMR解説】DTMerのためのシンセ講座 -Serumで作るリアルな音・映画音楽-

 

DTMで生演奏みたいなリアルな音を作る方法が知りたい!

世界的に有名なプロからテクニックを学びたい!

 
今回はこのようなご要望にお答えする内容です。
 

 

数々のプラグイン・サンプルを販売する「Splice」が監修「Lesson of KSHMR」をまとめてみました。

 
今回はそのうち、「Serumで作るシンフォニックサウンド」の部分をまとめています。
 

KSHMRは世界的に有名なDJ・音楽プロデューサーなので、このシリーズでお伝えするテクニックはまさに「プロ直伝」。
 
音楽制作で必ず使える情報が満載ですので、ぜひ最後までご覧ください!
 

スポンサードサーチ

はじめに

 
オーケストラサウンドなど、リアルな音を作りたい時に一番最初にたどり着くのは、Native Instruments社の「Kontakt」になると思います。
 
弦楽器・管楽器・打楽器まで網羅できるのでとても便利ですが、一方で「高いな…」と購入を懸念する方もいるかもしれません。
 
そこで今回は、Kontaktではなく、人気のシンセ「Serum」でシンフォニーサウンドを作る方法をご紹介します!
 
 
まずは、僕(KSHMR)が作ったSerumのプリセットを使ったこちらのサウンドをお聞きください。
 
ちなみに今回使うプリセットは、Spliceからダウンロードできます
 

0:22~0:49
 

 

ここでは、「ギター」と「ベース」の2つのInstrumentを使っています。
 

ギターにしている工夫

 
ギターの音はとてもベーシックなものですが、LFOをAmp(ボリューム)に対して使っているので、トレモロっぽいサウンドに仕上げています。
 
0:55~
 

 

また、このプリセットではベロシティーもしっかり反応するように作られているのですが、ボリュームだけでなく、ギターのトーンもこのベロシティーによって変わるようになっています。
 
例えば、弱いベロシティーの時(鍵盤をやさしく弾いた時)と強いベロシティーの時では、このようにサウンドに違いが出ます。
 
1:16~1:22
 

 

スポンサードサーチ

ベースにしている工夫

 
もう一つのサウンドは、フィンガーベースです。
 
1:23~1:28
 

 

こちらも先程のギターと同様、ベロシティーの感度をしっかり設定しているのはもちろん、ベロシティーによって音のトーンも変わるようにしています。
 
ギターもベースも、生演奏ではそれぞれの音が全く同じ音になることはありませんから、こういった工夫をすると、よりリアルな音に近づけられます。
 

ピッチベンドも使おう

 
また、ベロシティーだけでなくピッチベンドを調整するのも効果的です。
 

 
画像:動画より
 

1:42~1:50
 

 

サブベースを重ねよう

 
ベースパートには、サブベース(Sub Bass)を入れるのも重要です。
 
これは単純に1オクターブ下の音で、ローパスフィルターを使った音です。
 

 
画像:動画より
 

1:54~2:01
 

 

全部合わせて聞くと…

 
それでは、これらのパートを全部合わせて聞いてみましょう。
 

2:01~2:28
 

 

映画トレイラーのようなオーケストラサウンドを作ってみよう

 
次は、映画のトレイラーのような迫力のあるサウンドを作ってみましょう。
 
使うのは、同じくSerumのプリセットです。
 

イントロ(ピアノ・ギター・Riser)

 
まずはピアノから。
 
2:35~2:42
 

 
次はギター。「Guitar EZ」というプリセットを使います。
 
ちょっと怪しい感じで、F・F#・Eあたりを行き来するようなフレーズです。
 

2:43~
 

 
次は僕(KSHMR)もお気に入りのプリセットで、「Movie Horror Riser」というプリセット。
 
オートメーションでピッチベンドをだんだん上げるようにします。
 
2:58~3:04

 
さて、これらを全部合わせて聞いてみましょう。
 
3:04~3:18
 

 

これらはイントロとして使います。
 

次のセクション(メロディックな部分)

 
イントロの次は、メロディックな部分にしてみます。
 
まずはトロンボーンのスタッカートのプリセットで、FmとAmを使ったフレーズを打ち込みます。
 
音楽理論的に言うと、パラレルFメジャースケールからスリーコード (主要三和音)を借りてきていて、より怖い雰囲気にさせています。
 
3:22~3:27
 

 
次はブラスのスタブ(Stab)です。
 
3:39~3:45
 

 
次は1つ目のドラム系サウンドとして、ティンパニを入れます。
 
3:48~3:52
 

 

次はハングドラム(Hang Drum)。
 
3:53~
 

 
次は、メロディーパートとしてトロンボーンを入れます。
 

4:04~4:16
 

 
そして、音のスキマを埋めるために、チェロのスタッカートでアルペジオを入れます。
 
4:20~4:27
 

 

スポンサードサーチ

イントロからメロディックなセクションにスムーズに展開させる方法

 
イントロとメロディックな部分のつなぎ目をよりスムーズにするために、「War Brass」と呼ばれるサウンドを使います。
 
このプリセットのいいところは、「チャンネルプレッシャー」に反応するところ。
 
言い換えると、最初に鍵盤を軽く押すと、そこからだんだん音が強くなっていくところです。
 
こうすると、音がだんだんと開かれるような感じになります。
 

4:42~4:45
 

 
それでは、ここまでのサウンドをまとめて聞いてみましょう。
 
4:46~5:12
 

 


 
以上が「Serumで作るリアルなサウンド」でした!
 
Kontaktのように、初めから生音が出るプラグインを持っていなくても、こういった工夫でリアルなサウンドに近づけることがお分かり頂けたかと思います。
 
ぜひお試しください!
 

リアルな打ち込みのやり方:関連記事

 

打ち込みドラムを生演奏のように聞かせる9つのコツ【海外プロが教える】

【DTM】本格的にギターメロディーを打ち込む方法【あっ!と驚く】

生ドラムっぽくMIDIを打ち込むための13のコツ【海外プロ解説】


 
 

Spliceプレゼンツ・KSHMRのDTM講座シリーズ

【KSHMR解説】DTMerのための音楽理論基礎講座 Part1 – ディグリーネーム・スケール・コード-
【KSHMR解説】DTMerのための打ち込みストリングス・エスニックサウンド講座 Part1
【KSHMR解説】DTMerのためのリバーブ講座 Part1
【KSHMR解説】DTMerのためのボーカルMIX講座
【KSHMR解説】DTMerのためのスネア講座 -打ち込み・MIXの5つのコツ-