今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part6【海外プロ直伝】

今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part6【海外プロ直伝】
今すぐ使えるDTMハックが知りたい!
とにかくいろんな作曲テクニックが知りたい!

 

今回はこのようなご要望にお答えする内容です。

 

 

有名音楽プロデューサーのJonas Adenが教える「音楽プロデューサーのためのかんたんなハック100選」をまとめてみました。

 

今回はPart6として、51~60個目のハックをまとめています。

初心者から中級者まで、現場で使える実践的なテクニックが満載です。

ぜひ最後までご覧ください!

 

51.キックがベースと同じキーであるかチェックしよう

 

必ずしもルート音でなくてもよいですが、その曲のキーの音いずれかになるようにしましょう。

キックのピッチが合っていないと、曲に違和感を残してしまいます。

 

52.ドロップではクラウド系ノイズを入れてみよう

 

ちょっとだけ付け足しましょう。

より充実感のあるサウンドになります。

 

53.ドロップの2回目では、コードを少し変えてみよう

 

コードを少し変えてみることで、飽きずに新鮮な状態を保てます。

 

54.Sonic Charge「Synplant」を使ってみよう

 

おもしろいサウンドが作れます!

 

55.Delay・Reverbは2~3個の同じものを使おう

 

同じ設定or同じBusを使ったものを使えば、よりスッキリした曲になります。

あれこれいろんなDelay・Reverbを使うと、曲全体が乱雑でごちゃごちゃしたサウンドになってしまいます。

 

56.ボーカルをレコーディングするときはたくさんテイクを録り、きちんとコンプをかけよう

 

ミキシングのときにレイヤーできるようになるなどのメリットがあります。

 

57.Lead1本に対して、左右にダブリングトラックを作ってみよう

 

よりワイドなサウンドになり、ハーモニーも重ねることができます。

 

58.「手動ディレイ」を使ってみよう

 

サンプルをチョップ(切り貼り)して、手動でDelayを作ってみましょう。

これにフィルターなどを加えみてもOK。

自分の理想のDelayが作りやすくなります。

 

59.ボーカルをレコーディングするとき、オリジナルの音程よりも半音1~2上げて(もしくは下げて)みよう

 

シンガーが歌いやすいのであれば、少しピッチを上げ下げしてもOK。

ただし、半音2個以上変えるとよいサウンドになりにくいです。

 

60.ボーカルのReverbやDelayは常にオートメーションを使おう

 

これをやらないと、サウンドがごちゃごちゃしてしまいます。

Dryのシグナルを調整して可能な限りブレスのスペースを確保しましょう。