今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part5【海外プロ直伝】

今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part5【海外プロ直伝】
今すぐ使えるDTMハックが知りたい!
とにかくいろんな作曲テクニックが知りたい!

 

今回はこのようなご要望にお答えする内容です。

 

 

有名音楽プロデューサーのJonas Adenが教える「音楽プロデューサーのためのかんたんなハック100選」をまとめてみました。

 

今回はPart5として、41~50個目のハックをまとめています。

初心者から中級者まで、現場で使える実践的なテクニックが満載です。

ぜひ最後までご覧ください!

 

41.いろいろなリズムを試してみよう

 

ただし「なぜそのリズム(ドラム・パーカッション)にしたいのか」「なぜそのリズムが必要なのか」、しっかり意図を持って使うようにしましょう。

 

42.それぞれのパートの終わりに、少しだけピッチを上げたフレーズを入れてみよう

 

緊張感・切迫感を与えることができます。

 

43.コードが物足りないなと思ったら、音程(ルート音)のあるノイズを入れてみよう

 

7:00~

 

44.ドロップのリードをバウンスし、ブレイク部分に使ってみよう

 

より広がりがあり、違和感なくセクションを繋げるアレンジになります。

 

45.ディストーションをかけてみよう

 

よりヘビーな音なります。

 

46.バックにカウンターメロディーを入れてみよう

 

ハーモニックなパートを入れることで、曲がより面白くなります。

 

7:44~

 

47.ストリングスタブ(String Stabs)を入れてみよう

 

ピチカートなどが効果的です。

 

8:02~

 

48.惜しみなくクラップを使おう

 

レイヤーするとさらによいです!

 

49.ビルドアップでは、ワンノートから始めてみよう

 

8:31~

 

50 シンセ「Diva」はめっちゃ使える

 

Jonasお気に入りのシンセです!