今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part3【海外プロ直伝】

今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part3【海外プロ直伝】
今すぐ使えるDTMハックが知りたい!
とにかくいろんな作曲テクニックが知りたい!

 

今回はこのようなご要望にお答えする内容です。

 

 

有名音楽プロデューサーのJonas Adenが教える「音楽プロデューサーのためのかんたんなハック100選」をまとめてみました。

 

今回はPart3として、21~30個目のハックをまとめています。

初心者から中級者まで、現場で使える実践的なテクニックが満載です。

ぜひ最後までご覧ください!

 

21.ゲートリバーブを使おう

 

よりポップでビッグなサウンドになります。

 

22.ビルドアップにキックを使おう

 

ドロップ(サビ)に入る前に4つ打ちにすると、違和感なく(音に親しみを持たせつつ)ドロップに入ることができます。

 

23.ドロップ(サビ)前にメロディーの一部を入れてみよう

 

すでに使ったメロディーの一部を使うことで、「突然出てきた」といった違和感なくドロップに進むことができます。

また、ドロップでLeadに対してホワイトノイズを使ったときにも役立ちます。

 

24.リードにホワイトノイズを混ぜてみよう

 

よりポップで、存在感のあるサウンドになります。

 

25.違うレイヤーやサウンドを入れてみよう

 

たとえば、ドロップの1小節目と2小節目にそれぞれメロディーがある場合、1小節目と2小節目で使う音を変えてみましょう。

 

3:31~

 

26.いつも同じメロディーを使う場合は、コード進行を使ったフレーズを入れてみよう

 

そのセクションの終わりに向けて、コードを鳴らした部分を作ってみましょう。

 

3:43~

 

27.ドロップのBパートには、別の要素を入れてみよう

 

ドロップが全部で16小節あったら、9小節目以降には別の要素を入れて雰囲気を変えてみよう。

 

28.おもしろいドロップを作りたいなら、メロディーはあまり変えずに、サウンドを変えてみよう

 

メロディーに大きな変化を加えたデモ音源をよく聞きますが、メロディーよりもサウンドを変えた方がよいでしょう。

 

4:07~

 

29.タムや飾りの音を入れてみよう

 

人間っぽいグルーヴ感になります。

 

30.いらない周波数帯域はEQですべてカットしよう

 

一回ソロにして聞いてみて、その曲・そのセクションで必要ないと思った帯域はカットしましょう。