今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part1【海外プロ直伝】

今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part1【海外プロ直伝】
今すぐ使えるDTMハックが知りたい!
とにかくいろんな作曲テクニックが知りたい!

 

今回はこのようなご要望にお答えする内容です。

 

 

有名音楽プロデューサーのJonas Adenが教える「音楽プロデューサーのためのかんたんなハック100選」をまとめてみました。

 

今回はPart1として、1~10個目のハックをまとめています。

初心者から中級者まで、現場で使える実践的なテクニックが満載です。

ぜひ最後までご覧ください!

 

1.作ったサンプルは常に保存しておこう

 

過去に作ったサンプル・音をいつでも使えるようにしておこう。

 

2.作ったプリセットは常に保存しておこう

 

過去に作ったプリセットをいつでも使えるようにしておこう。

 

3.リファレンストラックを使おう

 

理想のクオリティの参考曲を探し、それを参考にしながら曲を作ろう。

 

4.他の人とコラボしよう

 

これは非常に大切で、自分のスキルを高めることができます。

 

5.Riser系の音はPanを振ろう

 

リスナーの注意を引きつけられます!

 

6.ホワイトノイズを使ってみよう

Tremoloと一緒に使うと、おもしろい効果が出ます。

 

7.ドロップ(一番盛り上がるところ)では、Leadを乗せる前にベーシックなラインを考えてみよう

 

たとえば、その前にすでに使っているフレーズの上に何かを乗せてみると、それだけでも手っ取り早くドロップを作れます。

 

8.自分が思ってる以上に、トップベースにディストーションをかけてみよう

 

単体(ソロ)ではなく全体で聞いたとき、よりはっきりと聞こえるようになります。

 

9.テープサチュレーションをキックに使ってみよう

 

Magnetic IIがおすすめです。

 

10.Fab Filter社の「Pro-R」を使ってみよう

 

これはJonasのお気に入りのリバーブプラグインで、よく使っているそうです!