【DTM】海外プロが実際に使っている7つの打ち込みのコツ【Brooks編】

【DTM】海外プロが実際に使っている7つの打ち込みのコツ【Brooks編】
プロが使っている作曲・DTMのコツが知りたい!

 

今回はこのようなご要望にお応えする内容です。

 

 

数々のDTM動画を配信している音楽プロデューサーArcadeが教える「プロが実際に使っていて、あなたが知らない作曲のコツ」をかんたんにまとめてみました。

 

今回はそのうち、オランダの人気DJであるBrooksが実際に使っているコツを3つご紹介します!

 

Martin Garrix編(コツ1~3)
Brooks編(コツ4~5)
KSHMR編(コツ6~7)

 

このシリーズでは、世界的に有名なプロデューサーであるMartin GarrixやKSHMR、Brookなどが使っているテクニックを紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサードサーチ

コツ4:プリセットは使ってOK

こちらは、「無理に自分で音作りをする必要はないので、プリセットを使ってもOK」というものです。

ネットでダウンロードできるプリセットでも、音が良ければそれをそのまま使ってもいいのです。

 

メロディーやミキシングの方が大事

 

音を1から作ることよりも、メロディーやミキシングに時間を注いだ方がいい時もあります。

プリセットを使った方が早いなら、それを使う方が時間もムダになりません。

 

コツ5:メインの音を引き立たせるためにレイヤーを加えよう

 

こちらは「メインとして使いたい音の引き立たせるためのレイヤー」を使うというものです。

 

実際の例を見てみましょう↓(8:32~8:47)

 

 

まずメインとして、ベースを入れています。

それに、ランダムにエフェクトをかけているサウンドをいくつか入れていきます。

これだけ聞くと、ランダムの要素はベースに全く関係のないように聞こえますが、曲全体で聞くと、ベースと関連がある・支えているようなサウンドに聞こえてきます↓(8:56~9:03)

 

 

ちなみに、エフェクト音なしだとこうなります↓(9:10~9:16)

 

 

このエフェクト音のおかげで、ベースがより引き立ってくることがわかります。

 

よりパーカッシブなサウンドにする例

 

別の例も見てみましょう↓(9:40~9:45)

 

 

最後にボーカルチョップが入っているのですが、勢いが足りないので、パーカッションをレイヤーしてみましょう。

ボーカルと同じリズムに合わせて、パーカッションも同じリズムで打ち込みます。

 

画像;動画より

 

パーカッションの音はこんな感じ↓(10:02~10:05)

 

 

そしてボーカルと同時に鳴らしてみると…(10:08~10:12)

 

 

ボーカルオンリーで聞いてみると(10:23~10:27)

 

 

よりボーカルの音が引き立っているのがわかりますね。

パーカッションの音はボーカルとは全然違った音ですが、ボーカルを引き立たせる役割を見事にこなしています。

 

スネアも足してみると?

 

また、音のスキマを埋める役割として、スネアも入れてみます。

 

10:32~10:35

 

こちらも、さらにボーカルが引き立っていますね。

 

合いそうにない音でも、使えるかもしれない

 

このように、メインとして使いたい音とは全く別の音や合わなさそうな音でも、メインの音を引き立たせることができる場合があります。

「レイヤーしたときにどう聞こえるか?」を確認しながら、よりよい組み合わせを見つけてみてください。

 


 

↓つづき「KSHMR編」はこちら

 

【DTM】海外プロが実際に使っている7つの打ち込みのコツ【KSHMR編】