今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part4【海外プロ直伝】

今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part4【海外プロ直伝】
今すぐ使えるDTMハックが知りたい!
とにかくいろんな作曲テクニックが知りたい!

 

今回はこのようなご要望にお答えする内容です。

 

 

有名音楽プロデューサーのJonas Adenが教える「音楽プロデューサーのためのかんたんなハック100選」をまとめてみました。

 

今回はPart4として、31~40個目のハックをまとめています。

初心者から中級者まで、現場で使える実践的なテクニックが満載です。

ぜひ最後までご覧ください!

 

31.ベース自体に変化を加えてみよう

 

コード進行を変える役割として動かすだけでなく、サウンド自体も変えてみるとよいでしょう。

 

32.Impact系のサウンドをたくさん使おう

 

一度に何個か重ねて使うとよいでしょう。

Reverse系のサウンドもGOOD!

 

33.PadかLeadはバウンスし、片方を少しだけタイミングを遅くしてみよう

 

たとえばPadを作ったら、バウンスして同じトラックを2つある状態にします。

片方はRに、もう片方はLにPanを振り、片方を少しだけ遅らせてみます。

この状態で一緒に鳴らすと、よりサウンドがしっかりしてきます。

 

34.アンビエントなサウンドを使ってみよう

 

たとえばフルートなどを使うと、印象的なキャラクター付けができるようになります。

 

35.Reverse系のサウンドをたくさん使おう

 

楽曲をよりいきいきさせることができます。

 

36.Jonasのフリーサンプルパックをダウンロードしよう

 

無料ですので、ぜひ!

 

Sample Packs

37.Reverse系のサウンドはPanを振ってみよう

 

Panを振ることで、耳がその音に気付きやすくなります。

 

38.コードを使う場所・その理由についてしっかり考えよう

 

「メロディーが始まったからコードをジャーンと鳴らす」のように、しっかり意図を持ってアレンジしよう。

 

39.バックでクロックサウンド(時計の音)を入れてみよう

 

そこまではっきり聞こえなくても、緊張感を作ることができます。

 

40.自分の声に対しておもしろいエフェクトを使ってみよう

 

スマホのボイスメモに自分の声を録音し、それにエフェクトを使うだけでおもしろいサウンドが作れます。

音の最後にちょっとピッチを下げてみると、グルーヴ感が足されます。

 

6:10~