今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part2【海外プロ直伝】

今すぐ使えるDTMテクニック95選 Part2【海外プロ直伝】
今すぐ使えるDTMハックが知りたい!
とにかくいろんな作曲テクニックが知りたい!

 

今回はこのようなご要望にお答えする内容です。

 

 

有名音楽プロデューサーのJonas Adenが教える「音楽プロデューサーのためのかんたんなハック100選」をまとめてみました。

 

今回はPart2として、11~20個目のハックをまとめています。

初心者から中級者まで、現場で使える実践的なテクニックが満載です。

ぜひ最後までご覧ください!

 

11.ボーカルやボーカルチョップを使おう

 

クラブ系トラックとして、よりよく聞こえるようになります。

 

12.すごく短いホワイトノイズをキックに足してみよう

 

13.サチュレーションとしてSPL Twin Tubeを使おう

 

よりファットな、厚みのある音になります。

 

13.スネアにショートプレートリバーブを使おう

 

15.リファレンス曲は、アイデアを与えてくれる

 

参考曲を用意しておくことで、新しいアイデアが思いつくことがあります。

 

16.キックにレイヤーすることに対して躊躇しないようにしよう

 

レイヤーすることで、よりパンチのある音にすることができます。

 

17.すごく小さな音でミックスしよう

 

小さな音で聞いてもよく聞こえる曲は、音量が上がってもよく聞こえます。

 

18.ブレイクが物足りないと思ったら、後ろでずっと鳴らすパートを入れてみよう

 

たとえばスネアなどで、後ろでずっと一貫して鳴っているフレーズを入れてみましょう。

 

トラックがより前に出るようになります。

 

19. SSL 400 EBusを使おう

 

EQがすごくおすすめです。

 

20.一音だけでずっと鳴っているシンセは、コード進行の中でもパワフルに聞こえます

 

動画を見るとわかりやすいです!

 

2:40~