【音楽史】ファンク(Funk)って、どんな音楽?【ファンクのはじまり編】

【音楽史】ファンク(Funk)って、どんな音楽?【ファンクのはじまり編】

ファンクって名前は聞いたことあるけど、「どんな音楽か」と聞かれると、ちゃんと答えられないな…

ファンクにはどんな歴史があるの?

 
このような疑問にお答えする内容です。
 

今回は英語版wikipediaの「ファンクミュージック」について、まとめてみました。

 
今回はPart7として、ファンクのはじまりについて解説していきます。

 
Part1: 概要編(ファンクのざっくりした説明、言葉の定義と語源、このジャンルで有名なアーティスト、ざっくりした音楽的な特徴)

Part2: よく使われるリズム、テンポ、コード、スケール

Part3: ファンクにおけるベースの特徴

Part4: ファンクにおけるドラムの特徴

Part5: ファンクにおけるギターと鍵盤楽器の特徴

Part6: ファンクにおけるボーカル・歌詞・ホーンセクションの特徴

Part7: ファンクの歴史(初期、ニューオリンズ)

Part8: ファンクの歴史(1960年代、James Brownの活躍)

Part9: ファンクの歴史(1960年代後半〜1970年代前半)

Part10: ファンクの歴史(1970年代、ジャズファンク)

Part11: ファンクの歴史(1980年代、シンセファンク、Prince、YMO)

Part12: ファンクの歴史(1980年代後半〜2000年代)

 

ファンクは音楽的にも歴史的にもとてもおもしろいため、このシリーズは長編になっていますが、読み進めれば必ずどこかで面白さがわかってきます!
 
ぜひ最後までご覧ください。
 

スポンサードサーチ

ファンクのルーツは?

 
アフリカ系アメリカ音楽の特徴は、サブサハランアフリカの伝統音楽がルーツです。
 
彼らはスピリチュアル、ワークチャンツ・ワークソング、シャウト、ゴスペル、ブルース、そして「ボディーリズム」などから表現方法を編み出しました。
 
ボディーリズム:ハムボーン、パッティングジュバ、リングシャウトのクラップや足踏みのパターンなど
 
ハムボーンの動画

パッティングジュバの動画

リングシャウトの動画
 
ファンクはソウル・ソウルジャズ・R&B、そしてアフロキューバンのリズムを合成させたもので、これらはニューオリンズで再構成・吸収されています。
 
ジャズやソウル、R&Bなど、他のアフリカ系アメリカ音楽のように、ファンクは公民権運動中・後のデモや運動と同時に起こりました。
 
ファンクでは、下級・労働階級であることから直面する日々の葛藤や苦難を表現することを許容しています。
 

ニューオリンズとファンク

 
アフリカ音楽学者のGerhard Kubikは、ニューオリンズを除き、初期のブルースでは複雑な「ポリリズム」が少なく、20世紀初期のアフリカ系アメリカの音楽には特定の非対称の「タイムラインパターン」が存在していると言及しています。
 
タイムラインパターン:サハラアフリカ音楽において用いられる、リズムの編成・リズムの構造の定義。ミュージシャンやダンサーに、リズムパターンを手っ取り早く伝えるための手段。「ベルパターン」「キーパターン」とも呼ばれる。
 


画像:wikipedia「Rhythm in Sub-Saharan Africa」より。

 
しかしニューオリンズの音楽の中には、シンプルなタイムラインパターンが度々使われており、「ストンプ(Stomp)」のパターンや、ストップタイムコーラスの形で使われているものもあります。
 
ストップタイム:アクセントを用いながら、他のパートのソロを目立たせるために大幅に休符を設ける手法
 


画像:wikipedia「Stop-time」より。
 

ちなみにこれは、アフリカのタイムラインと同じ使われ方をしていません。

 
アフロキューバンの要素を取り入れた音楽
 

1940年後半になると、2小節構成のタイムラインがニューオリンズブルースで使われ始めます。
 
ニューオリンズのミュージシャンたちは、R&Bが最初にできたとき、特にアフロキューバンの要素を受け入れたスタイルで演奏していました。
 
アメリカのミュージシャン・作曲家のDave BartholomewやProfessor Longhairは、クラーベや2小節構成のパターンをはじめとするアフロキューバンの楽器や要素を取り入れます。
 

 

 

スポンサードサーチ

アフロキューバンとProfessor Longhair

 
ちなみに1940年代に、Professor Longhairはラテン圏出身のアーティストたちと一緒に演奏したり楽曲を聞き、Peres Pradoのマンボの楽曲に惹かれたといいます。
 

 

Professor Longhairの楽曲スタイルは、地元では「ルンバ・ブギ」として知られています。
 

Professor Longhairが最も貢献したことといえば、2小節構成のパターンやクラーベをベースとしたパターンを、ニューオリンズR&Bに用いたことでしょう。
 
Longhairのリズミックなアプローチは、やがてファンクのベーシックなテンプレとなっていきます。
 

ニューオリンズR&B

 
シンコペーションを用い、わかりやすく区分けしているキューバ音楽は、ニューオリンズR&Bのルーツとなります。
 
そして、ニューオリンズ外から来たミュージシャンたちは、そのリズムパターンを学び始めるのです。
 
ここにおいて最も重要だったのは、James Brown、そして彼が雇ったドラマーやアレンジャーの存在です。
 

Brownの初期のレパートリーのほとんどではシャッフルのリズムを取り入れており、ヒットした楽曲の中には12/8バラッドなどもあります。
 

 

 

しかし彼がファンキーなソウルへと路線変更した時には、4/4拍子で違ったドラミングのスタイルを使っていました。
 

スポンサードサーチ

リズムの変化

 
第二次世界大戦の数年後にニューオリンズで誕生したR&Bのスタイルは、ファンクの発展に大きく貢献しました。
 
同様に、アメリカのポピュラーミュージックにおいて使われてた理z無パターンも、3連やシャッフルをベースとしたものから、8分音符ベースのリズムへと変わっていきました。
 


 
 
以上で今回の解説は終わりです!
 

ちなみに、今回の内容を踏まえてファンクの打ち込みを練習したい方はこちらがおすすめ!
 
楽譜を見ながら打ち込めば、ファンクの打ち込みテクニックを身につけられます。
 
ファンク以外にも数多くのジャンルのパターンを網羅できますので、ぜひチェック!↓
 

 
↓つづき「ファンクの歴史(1960年代、James Brownの活躍)」
 

【音楽史】ファンク(Funk)って、どんな音楽?【James Brown編】