【音楽史】ビッグバンドとは?【概要編】

【音楽史】ビッグバンドとは?【概要編】

 

ビッグバンドって、どんな音楽?

 
今回はこのような疑問にお答えする内容です。
 

英語版wikipediaの「ビッグバンド」をかんたんにまとめてみました。

 
今回はPart1として、ビッグバンドの概要と、音楽的な特徴(編成やアレンジの仕方)について解説していきます。
 

Part1:ビッグバンドの概要と音楽的な特徴(編成やアレンジの仕方)
Part2:ビッグバンドの歴史(初期〜スイング時代)
Part3:ビッグバンドの歴史(現代のビッグバンド)
 

誰もが一度は聞いたことがあるであろう音楽ですが、その詳細についてはあまり知らない方も多いでしょう。
 
こちらのシリーズを読むと作曲の引き出しが増えますので、ぜひ最後までご覧ください!
 

スポンサードサーチ

ビッグバンドとは?

 
ビッグバンド(Big Band)は、ジャズにおけるアンサンブルの型の一種です。
 
「ビッグバンド」という言葉は、音楽ジャンルとしての意味も持ちます。
 

ビッグバンドといえば、Benny Goodmanの「Sing, Sing, Sing」やGlen Millerの「In The Mood」が有名ですね。
 

 

 
ビッグバンドは1910年代最初にできたスタイルですが、スイング(Swing)が最も人気であった1940年代のジャズ業界を斡旋しました。
 
もともとはダンスの伴奏として始まりましたが、典型的なジャズに見られる「即興」を強調するスタイルとは裏腹に、ビッグバンドでは作曲・編曲された楽曲を演奏するのが特徴です。
 
これにより、ソリストよりも「バンドリーダー」「アレンジャー」「楽器のセクション」といった役割を担う人々がより「いいポジション」とされています。
 

 

楽器編成

 


画像:wikipediaより
 
主に10人かそれ以上のプレイヤーで構成され、「サックスセクション」「トランペットセクション」「トロンボーンセクション」「リズムセクション」の4つのセクションで成り立っています。
 
リズムセクションには、ピアノ、ギター、ダブルベース(コントラバス)、ドラムが含まれます。

 

時代によって違う編成

 
初期のビッグバンドにおいては、このような編成が一般的でした。
 

トランペット:2~3本

トロンボーン:1~2本

サックス:3本

リズムセクション

 
1930年になると、このような編成が一般的になります。
 

トランペット:3本

トロンボーン:3本

サックス:3本

リズムセクション:楽器4つ

 

また、ギターはバンジョーにダブルベースはチューバに置き換えられました。
 
1940年になると、Stan KentonのバンドやWoody Hermanのバンドが、以下のような構成を採用し始めます。
 

トランペット:5本

トロンボーン:4本(テナー3本、バス1本)

サックス:5本(アルト2本、テナー2本、バリトン1本)

リズムセクション

 

例外としてDuke Ellingtonのバンドの編成が挙げられ、彼のバンドではトランペットを6本使っています。
 

他の楽器が使われることも

 
ほとんどのビッグバンドでは、それまでの一般的なジャズで使われていたクラリネットを編成から外していました。
 
しかし、Artie ShawやBenny Goodmanのバンドではクラリネットをメインとした楽曲もあり、多くのDuke Ellingtonの楽曲では、クラリネットが使われています。
 
Duke Ellingtonは、テナーサックスをクラリネットに置き換えるか、両方使うという編成でした。
 

回数は少ないですが、Duke Ellingtonはバリトンサックスをバスクラリネットで代用することもありました(「Ase’s Death」などの楽曲で見られます)。
 

 
またBoyd Raeburnは、フルートやフレンチホルン、バイオリンやティンパニといった交響楽団で使われる楽器を入れることもありました。
 

スポンサードサーチ

アレンジ(編曲)の特徴

 
ビッグバンドの楽曲のアレンジの特徴として、「有節歌曲形式(ゆうせつかきょくけいしき、Strophic form)」が挙げられます。
 
これにはいろいろな呼び名があり、「コーラス(サビ)形式」「バース(Aメロ)-リピート形式」「AAA楽曲形式」「1パート楽曲形式」などがあります。
 
この形式は、同じフレーズを何度も用いつつ、同じコード進行を何回も続けるという楽曲構成を指します。
 
繰り返し1回を「節」と呼びますが、最近では「1番・2番・3番」という言い方の方が定着していますね。
 

ジャズの場合、最初の1コーラスはメロディーを伴い、次は1番をどんどん発展させていくスタイルが一般的です。
 
有名な楽曲には、シューベルトの「野ばら」や滝廉太郎の「荒城の月」などがあります。
 

 

 
ジャズの場合は、この展開の仕方として、ソロで即興をしたり、ソロパートを入れたり、「シャウトコーラス」するなどがあります。
 

シャウトコーラス(アウトコーラス)とは?

 
ジャズにおいて、最後のサビをよりエネルギッシュに、元気に、エキサイティングにするアレンジの仕方。
 
「クライマックスが来た」という印象を持たせるのが特徴で、ダイナミクスが激しかったり、トゥッティを使ったりして演出します。
 
時には、対位法を使ったメロディーラインを用いたり、ブラスセクションとサックス(もしくはアンサンブルとドラマー)でコールアンドレスポンスをしたりすることもあります。
 
シャウトコーラスのとき、ブラスセクションのプレイヤーはフォールやドゥイット、ターン、シェイクなどの奏法を使うことが多いです。
 

原曲(6:12~)
 

 

シャウトコーラスの部分
 

 

ターン
 

 
フォール(1:10~)
 

 

シェイク(1:02~)
 

 
ドゥイット(1:16~)
 

 

前奏と間奏

 
1番が始まる前に前奏がある場合もありますが、数小節程度だったりします。
 
多くの楽曲では間奏がありますが、これはイントロと似ていたり、1番と2番の間、もしくは全コーラスの間に入っていたりします。
 

アレンジ+即興

 
King Oliverのバンドのような大編成の場合は、半分は既にアレンジ済みにしておき、半分は即興にしてあることもあります。
 
この場合、アレンジされた部分はリハーサルの時にバンドメンバーによって作られています。
 
そのため、リハーサルの時に試行錯誤しつつその場でフレーズを記憶し、楽譜に書き留めておくことなくステージ上で披露できるレベルにしているのです。
 


 
 
続き「ビッグバンドの歴史」はこちら↓
 

【音楽史】ビッグバンドとは?【初期〜スイング時代】