【作曲・DTM】インド音楽の特徴と曲の作り方【ターラ・リズム編】

【作曲・DTM】インド音楽の特徴と曲の作り方【ターラ・リズム編】
インドの音楽みたいな曲って、どうやったら作れる?インド音楽の特徴は?

 
今回はこのような疑問にお答えする内容です。
 
 

OpenStax CNXに掲載されている「クラシックインド音楽を聞く」と、Keda Music Ltdによるインド音楽に関する解説動画をかんたんにまとめてみました。

 
 

今回は、インド音楽におけるリズムと「ターラ」について解説していきます。
 
Part1: インド音楽を特徴付ける6つの要素(言語、歌い方・奏法、楽器編成)、有名なインド音楽・アーティスト
Part2: インド音楽のスケールの基本「ラーガ(Raga)」
Part3: インド音楽のリズムの基本「ターラ(Tala)」
Part4: インド音楽のポリリズムテクニック「ティハイ(Tihai)」
Part5: インド音楽で多用される「装飾音」
Part6: インド音楽で使われる楽器、奏法、楽曲構成、特徴的な奏法「ドローン(Drone)」
 
このシリーズを読めば「インドっぽい!」と思わせられる音楽を作る方法が学べますので、ぜひ最後までご覧ください!
 

※インドは地域によって言葉のスペルが異なることがありますので、そちらを了解の上、お読みください。(たとえば「ラーガ」は「Raag」「Raga」「Raaga」など、複数の書き方があります)
 

スポンサードサーチ

ターラ(Tala)とは?

 
ターラは、インド音楽におけるリズムの基本パターン・フレーズのことです。
 
ちなみにターラは、サンスクリット語で「拍手(Clap)」という意味があります。
 
それぞれのターラには名前があり、1サイクルの中に幾つ音が入っているかで違いが出てきます。
 
 
たとえば…

ルーパクターラ(Rupak Tala)は1サイクルに7つ音が入っている

レベッカターラ(Rebecca Tala)は16個

ジャープタール(Jhap Tala)は10個

ケルバターラ(Kehrva Tala)は8個

 
など….
 
それぞれのターラは独自の「形」を持っており、どこに音を入れているか・入れていないかで特徴が変わっています。
 
また、どこにアクセントを入れるか、どこを弱めに演奏するかなども指定されており、これが独自のフレーズを生み出しています。
 

ケルバターラ(Kehrva Tala)の例

 
まず、とてもよく知られているケルバターラの例を見てみましょう。
 
ケルバターラでは1サイクルに音が8つ入っていて、このようなフレージングになります↓(1:22~1:37)
 

 
「1,2,3,4,5,6,7,8」と数えられるので、比較的ノリやすいですね。
 

ルーパクターラ(Rupak Tala)の例

 
次はルーパクターラの例です。
 
こちらは1サイクルに7つ音を入れるパターンなので、カウントは「1,2,3,4,5,6,7」となります。
 
2:23~2:42
 

 
「7拍子」のような感じがしてノリづらいと思いきや、しっかりアクセントとそうでないところがはっきりしているので、どういったフレージングなのかをすぐ飲み込むことができます。
 
ちなみにのちに解説しますが、コンサートなどでは演奏者があらかじめリスナーに「何のターラを使うのか」を伝えるので、その効果もあり、リスナーはさらに音楽をのみ込みやすくなります。
 

よくある疑問「なんでインドの音楽のリズムってそんなに複雑なの?」

 
Keda Music Ltdの解説者曰く、「インド音楽ではなぜそんなに複雑なリズムパターンを使うのか?」と疑問に思っている方が多いそうです。
 
しかしこれは実は間違いで、インド音楽に比べたら、ジャズの方がよっぽど複雑なリズムパターンを使っているでしょう。
 
まず、インド音楽のターラは「どこがスタートの拍なのか」を明確にして、シンプルなリズムのサイクルを演奏し続けます。
 
そして、演奏者は独自にそのリズムを複雑化させているので、実はジャズほど複雑ではないのです。
 

スポンサードサーチ

ティハイとダウンビート

 
特に曲の最後は、クライマックスに向けてより複雑なリズムを使っていきます。
 
おそらく、これを聞いて「インドの音楽って何だか複雑だな」と思ってしまうのでしょう。
 
 
ちなみにこれは次回解説する「ティハイ(Tihai)」といって、楽曲を盛り上げるために最初のターラのリズムから抜け出して演奏する部分のことです。
 
ティハイを演奏している間は、一時はシンプルなターラから脱したリズムになりますが、また元のパターンのダウンビート部分に戻るので、グルーヴ感はある程度保てます。
 
そのため、ダウンビートはインド音楽ではとても重要なのです。
 
 
ちなみにKeda Music Ltdの解説者は、インド音楽のコンサート中で、プレイヤーのティハイがあまりにも複雑でダウンビートを見失ったら、他のリスナーを見て、その人たちがリズムを刻んでいるのを見て、ダウンビートを確認することもあるそうです。
 

ターラを学ぶ難しさ

 
タブラ(インドの打楽器)を練習したい人などは、ターラを学ぶ必要が出てくるでしょう。
 
しかし、実はターラは口伝で学ぶことが多く、独自の「記憶術」で覚えるのが一般的なのです。
 
 
この「ターラを覚えるための記憶術」ではリズムを言葉にして覚えるのですが、これがかなり外国語っぽいので、覚えるのが大変です。
 
インド人でない場合は、発音するのすら難しいこともあります。
 
ターラの覚え方の例:ルーパクターラの場合
 
5:40~5:45
 

 
さて、みなさんはこれを言葉でどう書きますか?
 
ご自身の母国語によっては、なかなか書き起こすのが難しいかもしれません。
 

ターラで使われる「ボール(Bol)」

 
そこで使えるのが、ターラを文字で書きやすくしたシステム「ボール(Bol)です。
 
Bolはヒンディー語で「語彙」という意味があり、ボールそれぞれにどんな音かを表す意味が含まれています。
 


 
画像:https://en.wikipedia.org/wiki/Tala_(music)
 

例えば上の画像にある「Ka」は、バヤン(Bayan、インドの打楽器)を叩いた時に出る乾いた音を表しており、「Ga」はバヤンの中央のリングを叩いた時に出る響く音を表しています。
 
このようにしてボールを使いながら、ターラを覚えていきます。

 


 
 
次はインド音楽のポリリズムテクニック「ティハイ(Tihai)」について詳しく解説↓
 

【作曲・DTM】インド音楽の特徴と曲の作り方【ティハイ編】