【音楽史】ファンク(Funk)って、どんな音楽?【ギター&鍵盤楽器編】

【音楽史】ファンク(Funk)って、どんな音楽?【ギター&鍵盤楽器編】

ファンクって名前は聞いたことあるけど、「どんな音楽か」と聞かれると、ちゃんと答えられないな…

ファンクにはどんな歴史があるの?

 
このような疑問にお答えする内容です。
 

今回は英語版wikipediaの「ファンクミュージック」について、まとめてみました。

 
今回はPart5として、ファンクにおけるギターとキーボードの特徴ついて解説していきます。
 
 
Part1: 概要編(ファンクのざっくりした説明、言葉の定義と語源、このジャンルで有名なアーティスト、ざっくりした音楽的な特徴)

Part2: よく使われるリズム、テンポ、コード、スケール

Part3: ファンクにおけるベースの特徴

Part4: ファンクにおけるドラムの特徴

Part5: ファンクにおけるギターと鍵盤楽器の特徴

Part6: ファンクにおけるボーカル・歌詞・ホーンセクションの特徴

Part7: ファンクの歴史(初期、ニューオリンズ)

Part8: ファンクの歴史(1960年代、James Brownの活躍)

Part9: ファンクの歴史(1960年代後半〜1970年代前半)

Part10: ファンクの歴史(1970年代、ジャズファンク)

Part11: ファンクの歴史(1980年代、シンセファンク、Prince、YMO)

Part12: ファンクの歴史(1980年代後半〜2000年代)

 

ファンクは音楽的にも歴史的にもとてもおもしろいため、このシリーズは長編になっていますが、読み進めれば必ずどこかで面白さがわかってきます!
 
ぜひ最後までご覧ください。
 

スポンサードサーチ

ファンクにおけるギターの特徴とは?

 
ファンクにおいて、ギタリストは短い音価(音の長さ)でコードを弾くのが一般的です。
 
これは「スタブ(Stabs)」と呼ばれ、より早いリズムやリフで用いられることが多いです。
 
 
ギタリストはリズミカルなパートを、16分音符やパーカッシブなサウンドを出すゴーストノートを使って演奏します。
 
コードは9thコードなど、いわゆる「味付け」されたコードを多用します。
 

2つのギターが絡み合う

 
基本的に、ファンクでは「2つの連動したギター」が用いられ、これは「リズムギター」と「テナーギター」の2つで構成されています。
 
テナーギターは、シングルノートで弾くパートです。
 
参考↓
 

 

この2つのパートはいわゆる「コールアンドレスポンス」のスタイルになっており、2つがうまく絡み合っているのです。
 
もしバンドにギタリストが一人しかいない場合は、スタジオでオーバーダビングするか(多重録音)、ライブで1人2役でプレイするなどし、可能な限り2人プレイに近づくような演奏スタイルに持ち込みます。
 

スポンサードサーチ

パーカッシブなギター

 
ファンクにおいて、ギターはパーカッシブなスタイルで演奏されることが多いです。
 
例えば、「チャンク」や「チキンスクラッチ」と呼ばれるピッキングスタイルを使います。
 
これは弦を軽く弾きつつ、その反対の手ではブリッジ付近に手を置き、弦をミュートする奏法です。
 

 

 

このテクニックが最初に使われたのは、1957年のJohnny OtisのR&Bの楽曲「Willie and the Hand Jive」。
 
のちにFunkでも有名になるJames Brownのバンドでギターを担当しているJimmy Nolenが使っていました。
 

 
この奏法が誕生してから、リズムギターのサウンドは、エレキベースのローエンドのドシンとした音と、スネアやハイハットなどのカッティングトーンの間にいるようなサウンドになっていきました。
 
James Brownのバンドで長年ギタリストとして活躍していたJimmy Nolenがこの奏法を生み出したわけですが、1969年の「Give It Up or Turnit a Loose」では、「細め」のギターサウンドを使います。
 
ここではピッチではなくアタックに重点が置かれ、アフリカンドラムやイディオフォン(体鳴楽器)のような使われ方をしています。
 

 

ファンクにおけるキーボード(鍵盤楽器)の特徴とは?

 
ファンクにおいて、鍵盤楽器では様々な種類が使われます。
 
たとえばEarth Wind & Fireによる有名な楽曲「September」や、Billy Prestonによる「Will It Go ‘Round in Circles」ではアコースティックピアノが使われています。
 

 

 

エレクトリックピアノだと、Herbie Hancockの「Chameleon」ではFender Rhodesが、Joe Zawinulによる「Mercy, Mercy, Mercy」ではWurlitzerが使われています。
 

 

 

Fender Rhodes
 

 

Wurlitzer
 

 
 
クラビネット(Clavinet)はパーカッシブなサウンドを得るために使われていることが多く、Stevie Wonderの「Use Me」などに見られます。
 

 

ハモンドB-3(Hammond B-3 organ)は、The Metersの「Cissy Strut」やAretha Franklinの「Love the One You’re With」で使われています。
 

 

 
ちなみにStevie Wonderのクラビネットが有名な楽曲「Superstition」では「Hohner Clavinet model C」を使っています↓
 

 

 

スポンサードサーチ

ファンクにおけるシンセ

 
キーボード奏者であるBernie Worrellが参加した楽曲を見てみると、ファンクにおいて非常に多くのタイプのキーボードが使われていることがわかります。
 
ハモンドオルガン、RMIエレクトリックピアノ、アコースティックピアノ、クラビネット、Minimoog(シンセ)、ARPストリングアンサンブルシンセなどが使われています。
 

ちなみにファンクにおけるシンセは、エレクトリックベースの深みのある低音を足すために使われることもあれば、エレキベースの代わりに使われることもあります。
 
ファンクのシンセベースの多くはMinimoogが使われます。
 
エレキベースではできない「新しいエレクトリックサウンド」を作ることができ、音をレイヤーすることができるからです。
 

 


 
 
以上で今回の解説は終わりです!
 

ちなみに、今回の内容を踏まえてファンクの打ち込みを練習したい方はこちらがおすすめ!
 
楽譜を見ながら打ち込めば、ファンクの打ち込みテクニックを身につけられます。
 
ファンク以外にも数多くのジャンルのパターンを網羅できますので、ぜひチェック!↓
 

 
↓つづき「ファンクにおけるボーカル・歌詞・ホーンセクションの特徴」
 

【音楽史】ファンク(Funk)って、どんな音楽?【ボーカル・歌詞・ホーンセクション編】