【音楽史】ブルースって、どんな音楽?【1960~1970年代のブルース】

【音楽史】ブルースって、どんな音楽?【1960~1970年代のブルース】
ブルースって名前は聞いたことあるけど、どんな音楽かいまいちよくわかってないな…
ブルースにはどんな歴史があるの?

 

このような疑問にお答えする内容です。

 

今回は英語版wikipediaの「ブルース」について、かんたんにまとめてみました。

 

今回はPart7として、1960~1970年代のブルース、ブルースとロックの関係性について解説していきます。

 

ブルースという名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、実は非常に多くの音楽に影響を与えており、歴史も深い音楽ジャンルの一つです。

そのため、他のジャンルに比べてwikipediaの内容もかなりの長文になっていますので、こちらのシリーズは小分けにして解説していきます。

もし今後「ブルースの曲を作ってみたい」「参考資料が欲しいな」と思ったときは、ぜひこちらのページをご覧ください。

 

スポンサードサーチ

ブルースの広がりと停滞

 

1960年代始めごろになると、ロックンロースやソウルなどのアフリカ系アメリカの音楽は、ポピュラーミュージックのメインストリームになっていきます。

 

ビートルズなどの白人パフォーマーたちは、新しいリスナーを獲得するためにアフリカ系アメリカの音楽を取り入れるようになり、アメリカだけでなく、海外でも活躍するようになります。

しかし、Muddy Watersたち(Part6で取り上げています)を前面に押し出していたブルースの盛り上がりは止まってしまいます。

そしてBig Bill BroonzyやWillie Dixonなどのブルースアーティストたちは、ヨーロッパで新しい市場を開拓するべく動き始めます。

 

Dick Watermanや、彼が主催したヨーロッパで行われた数々のブルース音楽フェスティバルは、海外にブルースを広める大きな役割を果たしました。

イギリスでは、アメリカのブルースのレジェントたちを真似たバンドが現れはじめ、イギリスのブルース・ロックベースのバンドは、1960年代を通して大きく影響を与えていました。

 

アーティスト同士への影響、スタイルの融合

 

John Lee HookerやMuddy Watersなどのブルースアーティストたちは、引き続き彼らの熱狂的なファンたちにパフォーマンスし続け、ニューヨーク生まれのTaj Mahalなど昔のブルーススタイルで演奏する新人アーティストに影響を与えていきます。

 

 

John Lee Hookerはロックの要素と若い白人ミュージシャンの演奏スタイルを融合させるという、彼自身のブルーススタイルを確立します。

彼のアルバム「Endless Boogie」で、そのスタイルを聞くことができます。

 

 

B. B. Kingの卓越したボーカルとギターのテクニックは、「キング・オブ・ザ・ブルース」という称号を得るほどでした。

Kingは、のちのエレクトリックブルースのギタリストに大きく影響を与えることになる、流れるようにピッチベンドしたり音を揺らすビブラートをベースとしたソロギターを導入していました。

 

 

逆にシカゴスタイルにおいては、King自身のバンドではハープやスライドギターの代わりにサックス・トランペット・トロンボーンなどの強いブラスセクションをつかていました。

テネシー生まれのBobby “Blue” Blandは、Kingと同様、ブルースとR&Bにまたがったスタイルを展開していきます。

このとき、Freddie KingとAlbert King(ちなみに両者ともにB.B.Kingと血縁関係はありません)はよくロックとソウルのミュージシャン共に演奏しており、これらのスタイルの音楽に大きく影響を与えていました。

 

 

スポンサードサーチ

ブルースのリバイバル(復活)

 

アメリカの市民権運動やフリースピーチ運動があったころの音楽は、アメリカ音楽のルーツである音楽ジャンルや、初期アフリカ系アメリカ人の音楽のリバイバル(復活)を引き起こしました。

ニューポート・フォーク・フェスティバルなどの音楽フェスティバルもまた、昔のブルースが新しいリスナーを獲得する手助けになっていきます。

 

 

これは、戦前のブルースや、Sun HouseやMississippi John Hurt、Skip James、Reverend Gary Davisなどの戦前のブルースアーティストたちのリバイバルにも大きく影響しました。

1960年代に入ると、ギタリストMichael BloomfieldをフィーチャリングしたPaul Butterfield Blues Bandやイギリスでのブルースのブームのおかげもあり、シカゴ拠点のブルースアーティストたちが白人リスナーたちにも興味を持たれるようになります。

 

 

AnimalsやFleetwood Mac、John Mayall & Bluesbreakers、the Rolling Stones、the Yardbirds、the supergroup Creamなどのイギリスのバンドや、デルタブルースやシカゴブルースなどのクラシックなブルースを用いたアイルランド人ミュージシャンRory Gallagherなどが、「ブリティッシュ・ブルース」のスタイルを発展させていきます。

1963年になると、のちに「Amiri Baraka」として有名になるアメリカ人作家LeRoi Jonesが、ブルースの歴史を書いた本「Blues People: The Negro Music in White America」を出版します。

 

ロックとブルースの関係

 

1960年代前半のイギリス人のブルースアーティストたちは、アメリカのブルース・ロックのミュージシャンたちに影響を与えていきます。

(the Doors、Canned Heat、Jefferson Airplane、Janis Joplin、Johnny Winter、The J.Geils Band、Ry Cooder、Allman Brothers Bandなど)

 

ブルースロックのアーティストの一人であったJimi Hendrixは、当時は非常に珍しい、黒人のサイケデリックロックアーティストの一人でもありました。

Hendrixはギターのテクニックが素晴らしく、ディストーションの使用やオーディオフィードバックを音楽に利用したパイオニアと呼ばれています。

 

オーディオフィードバックとは?

マイクに入った音がアンプ→スピーカーに伝わり、スピーカーから出た音がまたマイクに入る…というループを繰り返す現象。

オーディオフィードバック参考動画

オーディオフィードバックが起きた時の音の例

 

このように、ブルースはロックミュージックの発展に大きく影響したのです。

 

スポンサードサーチ

テキサスロックブルース

 

1970年代前半になると、「テキサスロックブルース」スタイルが現れます。

これは、ソロギターとリズムギター両方を使うスタイルです。

ウェストサイド・ブルースとは違い、テキサススタイルはイギリスのロックブルースのブームに強く影響をつけています。

 

テキサススタイルで有名なアーティストには、Johnny Winter、Stevie Ray Vaughan、the Fabulous Thunderbirds、ZZ Topなどがいます。

彼らの音楽キャリアは1970年代に始まりましたが、その後10年に及ぶ世界的な成功には至りませんでした。