【音楽史】ブルースって、どんな音楽?【1980年代から現在まで】

【音楽史】ブルースって、どんな音楽?【1980年代から現在まで】
ブルースって名前は聞いたことあるけど、どんな音楽かいまいちよくわかってないな…
ブルースにはどんな歴史があるの?

 

このような疑問にお答えする内容です。

 

今回は英語版wikipediaの「ブルース」について、かんたんにまとめてみました。

 

今回はPart8として、1980年代から現在までのブルースについて解説していきます。

 

ブルースという名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、実は非常に多くの音楽に影響を与えており、歴史も深い音楽ジャンルの一つです。

そのため、他のジャンルに比べてwikipediaの内容もかなりの長文になっていますので、こちらのシリーズは小分けにして解説していきます。

もし今後「ブルースの曲を作ってみたい」「参考資料が欲しいな」と思ったときは、ぜひこちらのページをご覧ください。

 

スポンサードサーチ

ソウルブルース・サウザンブルース

 

1980年代になってからは、特にアメリカのジャクソン・ミシシッピ・ディープサウスの地域に住むアフリカ系アメリカ人の間で、ブルースへの興味・関心が再び戻ってくるようになります。

アメリカのジャクソンを拠点とするレーベル「Malaco」のアーティスト、Z.Z.Hillによる「Down Home Blues」とLittle Miltonによる「The Blues is Alright」が予想外のヒットを成し遂げ、これがソウル・ブルース(Soul Blues)やサウザン・ソウル(Southern Soul)などの音楽のブームをさらに盛り上げることになります。

 

 

現代のアフリカ系アメリカ人のソウルブルース・サウザンソウルブルースのアーティストたちには、Bobby Rush、Denise LaSalle、Sir Charles Jones、Bettye LaVette、Marvin Sease、Peggy Scott Adams、Mel Waiters、Clarence Carter、Dr. “Feelgood” Potts、O.B.Buchana、Ms.Jody、Shirley Brownなど、数多くのアーティストがいます。

 

昔のスタイルと新しいスタイル

 

1980年代のブルースは、昔のスタイルと新しいスタイルのブルース、両方が続いていました。

1986年になると、Robert Crayがメジャーなブルースアーティストとして活躍し、アルバム「Strong Persuader」を発表します。

 

 

Stevie Ray Vaughanが1983年に「Texas Flood」をリリースすると、テキサスを拠点としたギタリストたちが世界的に活躍するようになります。

 

 

John Lee Hookerは1989年のアルバム「The Healer」で復活を果たします。

 

 

Eric Claptonはthe Blues BreakersやCreamとのパフォーマンスでよく知られており、1990年代の彼のアルバム「Unplugged」でカムバックを果たし、アコギでスタンダードなブルースの楽曲を披露しました。

 

しかし、1990年代になると「デジタルマルチトラックレコーディング」の誕生や、その他数々のテクノロジーの進化があり、加えてビデオクリップの制作によるコストの増加など新しいマーケティング戦略も出始め、ブルースにとって大切な要素である「自発性と即興性」はチャレンジングな要素になっていきました。

 

スポンサードサーチ

広がるブルースのコミュニティ

 

1980年代から1990年代においては、「Living Blues」や「Blues Revue」などのブルースに関する書籍も発行され、メジャーな都市ではブルースのコミュニティも出来上がってき、野外のブルース音楽フェスティバルもよりメジャーになっていきました

ブルース用のナイトクラブや音楽会場も以前よりも増えました。

 

ヒル・カントリー・ブルース(Hill Country Blues)

 

1990年代になると、これまでほとんど見向きもされなかった「ヒル・カントリー・ブルース(Hill Country Blues)」が、ブルースとオルタナティブ・ロックのコミュニティ内で少しだけ認知される様になっていきます。

これには、北ミシシッピのアーティストR.L.BurnsideやJunior Kimbroughが貢献しています。

 

 

ヒル・カントリー・ブルースは、強調されたリズムや打楽器、停滞感のあるギターリフ、少なめのコード変更、型にはまらない楽曲構成、重めのグルーヴ感(ヒプノティックブギ、ヒプノティックは「催眠」の意味)が特徴です。

ブルースのアーティストたちは、その後もさまざまなスタイルを模索していきます。