五度圏(サークルオブフィフス)の使い方!5つの活用方法 -同主調編-

五度圏(サークルオブフィフス)の使い方!5つの活用方法 -同主調編-

 

「五度圏(サークル・オブ・フィフス)って名前は聞いたことあるけど、いつどこで使うの?」

 

五度圏の画像

引用:https://flypaper.soundfly.com

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

 

“Pyramind”のインストラクターであるRyan Reyが解説する「五度圏(サークルオブフィフス)を活用する5つの方法」をかんたんにまとめてみました。

今回は、その活用法の4つ目「同主調」をまとめた内容です。

 

なんだか難しく感じるかもしれませんが、ていねいに解説していきますのでご安心ください。

 

「五度圏を活用する5つの方法」シリーズ

活用法1「スケール編」
活用法2「ダイアトニックコード編」
活用法3「近親調編」
活用法4「同主調編」
活用法5「トニック・ドミナント編」

 

スポンサードサーチ

同主調とは?

 

今回のテーマである同主調とは、主音(トニックまたは1度)が同じスケールを指します。

たとえばCメジャーキーとCマイナーキーは、スケールの主音がともにCなので同主調です。

 

同主調って何に使うの?

 

同主調は似ているキーなので、曲中で一時的に同主要のキーを借りても違和感がありません。

そのため、「曲のキーにはないコードをちょっと使いたいとき」に使います。

 

たとえばCメジャーキーの曲の場合。

Cメジャーキーにはbも#もついていませんが、曲の途中で一時的に同主調=Cマイナーキーで使われるコードを借りることができます。

たとえばCマイナーコードやEbメジャーコードなどが使えますね。

 

Cメジャーキーのダイアトニックコードにはないコードですが、同主調なので一時的に使っても問題ありません。

逆に、Cマイナーキーの曲で一時的にCメジャーキーのコードを使ってもOKです。

 

五度圏で同主調をチェックする

 

前回までのスケール編と近親調編をご覧になった方はもうお気づきかと思いますが、五度圏表があれば同主調で使われるb・#の数、ダイアトニックコードがわかります。

 

同主調で使われるb・#の数がわかれば、借用和音もおのずとわかりますよね。

確認方法は同じですので、こちらの記事をご覧ください。

 

五度圏(サークルオブフィフス)の使い方!5つの活用方法 -ダイアトニックコード編-

 

まとめ

 

今回の内容をまとめると、このようになります。

 

同主調とは
主音(トニックまたは1度)が同じスケール
(CメジャーキーとCマイナーキー、GメジャーキーとGマイナーキー等)同主調の使い道
曲中で一時的に同主調で使われる和音を借りてくる(借用和音)五度圏で同主調を確認する方法
同じ音名のスケールを見つける
(メジャーキーは外側の円、マイナーキーは内側の円)

 

五度圏活用シリーズは、今回を含めて全部で5回あります。

もしまだ見ていない回があれば、ぜひ一度目をしてみてください。

どの回でも、音楽理論に関する知識が増えるだけでなく、すぐ楽曲作りに行かせる方法を学べます。

 

「五度圏を活用する5つの方法」シリーズ

活用法1「スケール編」
活用法2「ダイアトニックコード編」
活用法3「近親調編」
活用法4「同主調編」
活用法5「トニック・ドミナント編」