【DTM】キック(バスドラム)を作るコツ【3つのコツ】

【DTM】キック(バスドラム)を作るコツ【3つのコツ】
キックのバランスってどうやって取ればいいの?
カッコいいキックの音作りのやり方が知りたい!

 

今回はこのようなお悩みにお答えする内容です。

 

 

人気音楽プロデューサーJonas Adenが解説する「キックの音作りのコツ」をかんたんにまとめてみました。

 

今回はこの動画のうち、「音作りにおける3つのコツ」についての解説をまとめています。

 

この記事を読めばキックをプロっぽいサウンドに仕上げるコツを知ることができます!

ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサードサーチ

コツ1:キックとそれ以外でBusを分ける

 

1つ目のコツは、Busの分け方についてです。

 

トランジェントがはっきりしているもの(クラップやスネアなど)とキックは別々のチャンネル(Bus)に通しましょう。

 

一緒にしてしまうと、マスタリングの段階でリミッターがかかりすぎて、リミッターをかけたくない他のパートのアタックが潰れてしまいます。

 

 

おすすめのリミッター

 

おすすめのリミッターはI.O.M社のInvisible Limiterです。

価格はお手頃で、変に人工的な音になったりすることもなく、クリーンなリミッターをかけることができます。

 

 

リミッターのかけ方

 

だいたいリダクション量が6~8dBになるようにします

このようにリミッターをかけることで、キックがより聞こえやすくなります。

 

コツ2:リファレンス(参考曲)を使う

 

2つ目のコツは、「リファレンスを使うこと」です。

 

「この曲で使われているキックのようにしたいな」と、サウンドのゴールを決めておきます。

 

こうすると、音作りもスムーズになります。

 

スポンサードサーチ

コツ3:「レイヤー」する

 

画像: 動画より

 

理想の音作りのためには、レイヤーが重要になります。

キックのレイヤーの場合は、以下のように役割を分け、2つ以上の音を使って1つのキックを作ります。

 

「トップ」:アタック部分専用の音
「ミドル」:中音域専用の音
「ボトム(サブ)」:低音域専用の音

(上記の写真では、キックに3つのサンプルを使ってレイヤーしていることがわかります)

 

レイヤーするときは「スペース」を作ろう

 

レイヤーで大切なのは、「他のサンプルの邪魔をしないようにEQをかけること」です。

 

たとえばアタック音にあたる「トップ」用のレイヤーを使うとしましょう。

そしたら、「ボトム」や「ミドル」など、別のレイヤーはトップに被る周波数を削ります。

 

たとえば、トップが3khzを中心に鳴っているのなら、ボトムやミドルの3khzは削りましょう。

役割別に、それぞれの「スペース」を作ってあげるのです。

 

いろいろな組み合わせをためしてみよう

 

世界で活躍している多くのプロデューサーも、レイヤーをうまく活用しています。

彼らは「どんな組み合わせならうまくフィットするのか?」を、多くのサンプルを使って実験しているのです。

 

複数のサンプルを使っても大丈夫

 

また、キックのレイヤーにおいて重要なのは「たくさんのサンプルを使うことを恐れないこと」。

いい組み合わせを知っているだけでなく、これを恐れないことも重要です。

 

レイヤーにおける「サブ(ボトム)」のコツは?

 

レイヤーにおいて、サブは重要な役割があります。

レイヤーのサブについてはこの記事でまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください。

 

【DTM】キック(バスドラム)を作るコツ【レイヤーのボトム調整方法】