【作曲・DTM】よりよいサビ(ドロップ)の作り方

【作曲・DTM】よりよいサビ(ドロップ)の作り方
ダンスミュージックのサビ(ドロップ)ってどうやって作ればいいの?
作ってみたけど、イマイチ盛り上がらない…

 

今回はこのようなお悩みにお答えする内容です。

 

 

数々の音楽制作動画をアップしているTransverse Audioによる「よりよいサビの作り方」をかんたんにまとめてみました。

 

「サビなのに盛り上がらない」「なんだか音がダサい」という方は、この記事をご覧になれば解決の助けになります!

 

スポンサードサーチ

よりよいサビ(ドロップ)を作る5つのテクニック

 

今回ご紹介するコツは、こちらの5つです。

 

1. サビ前で音を減らす
2.「ミニビルドアップ」を作る
3.サブベースをフェードさせる
4.サビ1発目のキックのボリュームを上げる
5.リズム隊をあえて遅らせる

 

1.サビ前で音を減らす

 

1つ目のコツは、音を減らすというテクニックです。

 

ダンスミュージックの場合、サビ前はビルドアップしますよね。

Synth RiserやホワイトノイズのRiser、だんだんスピードアップしていくドラムなど、だんだん気分を高揚させていく素材を使うのが一般的です。

 

しかし、ここで使えるのが「音を減らす」というテクニック。

 

具体的には、

メロディーが鳴っている間に鳴らしているドラム
コードを鳴らしているパート

このようなパートをカットするとよいでしょう。

 

なぜ効果的?

 

音を減らすことで、単純にサビに入った時との音量差が大きくなります。

音量差が大きくなれば、それだけサビが盛り上がって聞こえますよね。

 

今鳴っている音やそろそろ来そうな音に集中していると、その前にどんな音が鳴っていたかを考えることは少ないので、このテクニックは効果的なのです。

 

細かな調整も大切

 

音をカットした後は、不自然にならないようにボリュームのオートメーションを使ったりすることも大切です。

また、ただカットするだけでなく、カットした部分にドラムブレイクを入れたり、できた空白をうっすら埋めるためにリバーブ量を増やしたりしてもOKです。

 

2.「ミニビルドアップ」を作る

 

2つ目のコツは「ミニビルドアップを作る」です。

 

ブレイク部分や音を減らした部分に、小さなビルドアップを作ります。

 

「ミニビルドアップ」って?

 


画像:動画より

 

これは、1~4拍ぐらいのRiserなどを指します。

たとえばリバースシンバルや、ボーカルのFXなどですね。

 

上の画像がわかりやすいです。

赤いトラックがコードを鳴らしているパートですが、サビ前の1小節間はカットされています。

そしてこのカットした部分に、一番下の黄色いトラック「SFX」を入れて、だんだん盛り上がるようにしています。

 

4拍目に空白を作る

 


画像:動画より

 

上記の画像のうち、上のトラックはキックで、下のトラックはミニビルドアップ(SFX)です。

どちらも4拍目には音を入れていませんが、このように一瞬だけブレイクを入れることで、よりサビが際立ちます。

 

3.サブベースをフェードインさせる

 


画像:動画より

 

3つ目のコツは、サブベースや808系サウンドなどで使えるフェードインのテクニックです。

 

ドロップにサブベースや808系のサウンドを使っている場合は、ドロップの1小節前からフェードインさせてみましょう。

オートメーションを使ってボリュームをクレッシェンドさせてもいいですし、オーディオファイルにしてリバースさせてもOKです。

 

4.サビ1発目のキックのボリュームを上げる

 


画像:動画より

 

4つ目のコツは、非常にシンプル。

ベロシティなどを調整して、サビ1発目のキックのボリュームを上げるというテクニックです。

 

ボリュームを上げるのはキックの一発目だけで、他のパートではやる必要はありません。

 

インパクト(Impact)をサビの最初に入れる

 

サビの最初に使える方法としては、他にも「サンプルなどでインパクト(Impact)をサビの最初に入れる」も使えます。

これは非常に有効な方法ではあるのですが、一方でリードやベース、他のパートのクリエイティビティを制限してしまう可能性もあります。

 

5.リズム隊をあえて遅らせる

 

最後5つ目のコツは、「サビでドラムやベース、インパクトを遅らせる」というテクニックです。

 

メロディーやコード、パッド系はそのままで、リズム隊だけを半拍〜1拍ぐらい遅らせます。

 


画像:動画より。上2つ、赤と青のトラックはコード系のトラック。下2つはキックとベース。

 

たとえば、1回目のサビでは1小節目の1拍目にすべてのパートを「ジャーン」と鳴らしたとします。

このとき、2回目のサビでは、リズム隊だけ入るタイミングを1小節目の2拍目にします。

 

これをやると、ちょっとだけ不安感を増すことができ、楽曲全体としておもしろくなります。

 

これは特に、サビを2回くり返すときに有効です。