五度圏(サークルオブフィフス)の使い方!5つの活用方法 -近親調編-

五度圏(サークルオブフィフス)の使い方!5つの活用方法 -近親調編-

 

「五度圏(サークル・オブ・フィフス)って名前は聞いたことあるけど、いつどこで使うの?」

 

五度圏の画像

引用:https://flypaper.soundfly.com

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

“Pyramind”のインストラクターであるRyan Reyが解説する「五度圏(サークルオブフィフス)を活用する5つの方法」をかんたんにまとめてみました。

今回は、その活用法の3つ目「近親調」をまとめた内容です。

 

「五度圏を活用する5つの方法」シリーズ

活用法1「スケール編」
活用法2「ダイアトニックコード編」
活用法3「近親調編」
活用法4「同主調編」
活用法5「トニック・ドミナント編」

 

なんだか難しく感じるかもしれませんが、ていねいに解説していきますのでご安心ください。

スポンサードサーチ

近親調とは?

 

その名の通り、「似ている調」をあらわします。

もう少し詳しく言うと、「違う調だけど共通の音が多い調」を指します。

 

たとえば…

 

CメジャーキーとAマイナーキー:平行調(bと#の数が同じ)

CメジャーキーとCマイナーキー:同主調(ルート音が同じ)

 

近親調は転調するときによく使われます。

共通音が多いので、違和感なく転調することができるからですね。

 

DJにおけるミックスでも、近親調同士の曲ならスムーズに楽曲をつなげたり、マッシュアップしやすくなります。

これが近親調を覚えておくメリットです。

 

五度圏におけるメリット

 

五度圏表を見ると、近親調が何なのかをかんたんにチェックすることができます。

 

見極めるポイントは非常にかんたん、単純に場所が近いかどうかです。

 

隣同士ならbや#の数がそこまで変わらないですし、縦に並んでいれば平行調です。

逆に、円の反対側にあるキーほど響きが異なるキーになります。

 

たとえば、もし転調するなら…

 

CメジャーキーからGメジャーキー
→違和感少なめ、相性よし
CメジャーキーからDマイナーキー
→違和感やや少なめ、相性はまあまあ
CメジャーキーからGbメジャーキー
→違和感大アリ、相性が悪い

 

たとえば、もし曲を作っているときに「大サビで転調させたい!」と思ったら、この五度圏の出番です。

自分が作っている曲のキーと近いキー(近親調)を選べば、違和感なく転調できるでしょう。

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

今回の内容をまとめると、このようになります。

 

近親調とは
→違う調だけど共通の音が多い調
(転調で使える)
五度圏における近親調
→場所が近いと近親調、場所が遠いと響きがかけ離れる

 

これだけでも五度圏表を理解するメリットがお分かりになったと思いますが、他にも音楽制作で役に立つ活用法があります!

このシリーズをまだすべてご覧になってない方は、こちらからチェック↓

 

「五度圏を活用する5つの方法」シリーズ

活用法1「スケール編」
活用法2「ダイアトニックコード編」
活用法3「近親調編」
活用法4「同主調編」
活用法5「トニック・ドミナント編」