【DTM】マスタリングエンジニアでない人のためのマスタリング講座 Part6【様々な音楽環境を整えよう】

【DTM】マスタリングエンジニアでない人のためのマスタリング講座 Part6【様々な音楽環境を整えよう】
マスタリングってどうやるの?
マスタリングしなきゃいけないけど、マスタリングエンジニアほど厳密にできる自信がないな…

 

こういったお悩みにお答えする内容です。

 

 

DTMerおなじみ、数々のプラグインを販売しているiZotopeが教える「マスタリングエンジニアでない人のマスタリングの仕方」をかんたんにまとめてみました。

 

今回はコツ6として「異なる音楽環境を整えること」についての解説です。

 

マスタリング専門のエンジニアでないからといって、落ち込むことはありません!

全9つのコツで構成されるこの「ラフマスタリング」内容をしっかり覚えれば、これだけでも十分楽曲にいい効果を与えられるでしょう。

 

スポンサードサーチ

コツ6:異なる音楽環境でもよく聞こえるようにしよう

 

ミキシングエンジニアの役割は、「できるかぎりサウンドをよくする」とです。

一方、マスタリングエンジニアの役割は「異なる環境であっても、できる限りサウンドをよくすること」です。

 

マスタリングをするときは、いろいろな場所(音楽環境)で再生されることを念頭に置きながらマスタリングしましょう。

 

何をすればいいの?

 

このためには、できるだけいろいろな音楽環境を整えておくことが大切です。

 

・異なるサイズのモニタースピーカー
・ヘッドホン、イヤホン
・テレビのスピーカー
・ノートPCのスピーカー
・カーステレオ(車)
・スマートフォンのスピーカー
など…

 

たとえば一般視聴者が使うであろうデバイスで聞いてみて、常にうるさいと感じる特定の周波数・音域があったら、そこはハイカットするなどの対処が必要になります。

同様に、小さいスピーカーで聞いてみて音に存在感がないなと感じたら、中音域を少し足してみるなどしてみましょう。

 

ちなみにiZotope社の「Tonal Balance Control」は、まさにこの調整に使えるおすすめのプラグインです。

 


 

マスタリングエンジニアでない人のためのマスタリング講座シリーズ(全9回)

Part1 ゴール設定

Part2 参考曲の準備

Part3 メータープラグインの使い方

Part4 使うツールは3つだけ

Part5 参考曲の使い方

Part6 様々な音楽環境を整えよう

Part7 音の聞き方・適切な音量

Part8 おすすめの作業スピード

Part9 エクスポート・書き出しの仕方