楽曲をエキサイティングにさせる作曲のコツ「8ルール」【プロ直伝】

楽曲をエキサイティングにさせる作曲のコツ「8ルール」【プロ直伝】
曲を聞いたときに「いい曲だ」「展開がおもしろい!」と思ってもらうには、どうすればいいの?

 

今回は、この疑問を解決する「8ルール」についてご紹介します。

さまざまなサンプル・プラグインを販売している「ADSR」のチュートリアル動画のまとめになります。

 

 

こちらの動画で実際の曲を聞いてみると、さらに理解を深めることができます。
記事と合わせてチェックしてみてください。

スポンサードサーチ

「8ルール」とは?

 

8ルールとは、「楽曲を8小節単位で区切ること」です。

「それならもうやってるよ」という方もいるかもしれません。

 

しかし今回は、ただ8小節に区切るだけでなく、楽曲制作全体で使えるテクニックもご紹介します。

 

ほんのすこし変化を加える

 

たとえば、今回動画でお聞かせした曲の場合、最初の8小節はイントロになりますね。

そして8小節後は変化が加わり、Verseとなります。

 

ほとんどのパートに変化はありませんが、ほんの少しだけ違いを加えています。
お聞きいただくとわかりますが、パーカッションのループが入っています。

 

このような小さな変化を厳密に聞き取れるリスナーは少ないかもしれません。

しかし多くのリスナーは、この変化を「感じる」ことができます。

 

スポンサードサーチ

変化は「シンプル」でいい

 

8小節単位で変化を加えたいときは、シンプルな方法でOKです。

たとえばパーカッシブなサウンドにしてみたり、思い切った変化を加えたり、新しい楽器を加えたりするなど…
それだけでも、十分変化をつけることができます。

 

これは、リスナーやクライアントにダイナミックな体験を与えられる、非常に優れた方法なのです。

 

8ルールを「合体」させてみる

 

それでは、8ルールを「合体」させてみましょう。

 

まずはアレンジメントの段階から。
Verse(Aメロ)・Pre Chorus(Bメロ)・Chorus(サビ)・Break Down・Dropなどを8小節ごとに分け、つなげます。

 

次はサウンドデザインの段階です。
ハイハットを付け足したり、サウンドは変えてメロディーはそのままにしたり、そのセクション独自のサウンドを加えてみたりしてみます。

 

最後はミキシング(MIX)の段階です。
セクションによってEQの設定を変えたり、リバーブ(Reverb)やディレイ(Delay)を増やしたり、他のエフェクトを加えたりします。

 

スポンサードサーチ

足し算と引き算を使い分けよう

 

もちろん、これらは付け足す=足し算するだけでなく、引き算してみてもOKです。

 

たとえば、特定の楽器を抜いた状態で始めてみたり、ローパスフィルターをかけた状態で始めてみたり…

楽曲の盛り上がり具合に沿って、ローパスフィルターとハイパスフィルターを使い分けてみるのもいいですね。

 

まとめ

・アレンジメント
・サウンドデザイン
・ミキシング(MIX)

 

それぞれの段階で8ルールを使うことで、よりエキサイティングな楽曲に仕上げられます。

これさえやっておけば、つまらない曲になることはないでしょう!

ぜひおためしください。

 

スポンサードサーチ

実は「9つのルール」も…

 

今回は「8ルール」をご紹介しましたが、こちらの書籍では一発で記憶に残る曲を作るための「9つのルール」を解説しています。

作曲の技術を高めたい方は、ぜひご覧ください。