【音楽史】R&B(リズムアンドブルース)って、どんな音楽?【1950年代中盤・ロックとの関係】

【音楽史】R&B(リズムアンドブルース)って、どんな音楽?【1950年代中盤・ロックとの関係】
R&Bって名前は聞いたことあるけど、「どんな音楽か」と聞かれると、ちゃんと答えられないな…
R&Bにはどんな歴史があるの?

 

このような疑問にお答えする内容です。

 

今回は英語版wikipediaの「R&B」について、かんたんにまとめてみました。

 

今回はPart4として、1950年代中盤のR&B、ロックンロールへの影響について解説していきます。

 

 

ポピュラー音楽の一つとして当たり前になったR&Bですが、その歴史や音楽的な特徴を言葉で説明できる人はなかなかいないのではないでしょうか?

歴史や特徴を知ることで音楽制作にも活きていきますので、この機会にぜひ理解を深めてください!

 

スポンサードサーチ

アフリカ系アメリカ人だけが買っていたR&B

 

R&B初期~1950年代中盤までは、実はアフリカ系アメリカ人だけがR&Bのレコードを買っていました。

Atlantic Records社のJerry Wexlerは、R&Bはアフリカ系アメリカ人の市場にしかなく、白人に聞かれることもなければ、白人系のラジオで流されることもなかったといいます。

 

1950年代前半になると、ようやく白人のティーンエイジャーたちがR&Bに興味を持ち、レコードも買い始めるようになります。

そしてだんだんと、白人のティーンエイジャーたちは白人系音楽であるカントリーから、黒人音楽のR&Bへと興味を移していきます。

 

1950年代のヒット曲

 

この頃数多くヒット曲を出したプロデューサー・アーティストには、Johnny OtisやThe Cloversなどが挙げられます。

Otisは1951年にチャート1位に入る曲をいくつもリリースし、The Cloversはブルースとゴスペルを融合させた、今までにないスタイルで活躍していました。

 

 

アップテンポでファンキーなR&B = ロックンロール

 

1951年になると、Little Richard PennimanはRCA Records社で、1940年代に活躍したRoy BrownやBilly Wrightのジャンプブルーススタイルの楽曲をリリースします。

このスタイルは1955年に有名になり、人々はアップテンポでファンキーなR&Bな彼の音楽…ロックンロールのサウンドに興味を持ちました。

 

 

R&Bで成功した音楽には「Tutti Frutti」や「Long Tall Sally」などがあり、これらの楽曲はJames BrownやElvis Presley、Otis Reddingなど、のちのアーティストたちに影響を与えました。

そのため、Richardは「ロックンロールのパイオニア」とも呼ばれています。

 

 

スポンサードサーチ

その他活躍したアーティストたち

 

Ruth Brown

 

Ruth Brownは1951年から1954年の間、毎年その年のトップ5を飾る楽曲をリリースし続けます。

Ruth Brownは女性R&Bアーティストの中でも特に卓越しており、アフリカ系アメリカ人の伝統をしっかり受け継いだボーカルで人気を集めました。

 

 

Fats Domino

 

Fats Dominoは、1952年と1953年のポップチャートにおいてトップ30を獲得し、「Ain’t That a Shame」ではトップ10を獲得しました。

 

 

Ray Charles

 

Ray Charlesは1955年の「I Got a Woman」で、アメリカ中の人気を集めます。

 

 

the Chords

 

1954年にリリースされたthe Chordsによる「Sh-Boom」はドゥーワップ(音楽ジャンル)の楽曲で、R&Bチャートからクロスオーバーしてこの年のTOP10に入ります。

 

 

同年後半から1955年にかけては、the Charmsの「Hearts of Stone」がTOP20に入ります。

 

 

Bo Diddley

 

1955年春にリリースされたBo Diddleyのデビューレコード「Bo Diddley」「I’m a Man」はR&BチャートでTOP2に入り、Bo Diddleyオリジナルのリズムスタイルや、ブルースのクラーベをベースとしたジャズの即興的な伴奏(のちにロックンロールの基本となります)の普及に大きく貢献しました。

 

 

Chuck Berry

 

Chuck Berryは、「Ida Red」という、カントリーのフィドルチューンをリリースします。

 

 

1955年にリリースした「Maybellene」はR&Bチャートで3位になっただけでなく、ポップチャートでもTOP30にランクインするほどの人気楽曲でした。

Alan Freedは1954年により大きな市場であるニューヨークシティに移住し、白人のティーンエイジャーにもこの楽曲を普及させるよう貢献します。

(Alanは「ロックンロールの父」と呼ばれています)

 

 


 

↓つづき「Part5」はこちら!

 

【音楽史】R&B(リズムアンドブルース)って、どんな音楽?【Part5】