【初心者】DTMerのためのピアノ・音楽理論講座 Part2【コードとトランスポーズ】

【初心者】DTMerのためのピアノ・音楽理論講座 Part2【コードとトランスポーズ】
DTMを始めたけど、ピアノとか音楽理論とか全然わからない…
音楽プロデュースをする上で、最低限知っておくべきことって何?

 

このようなお悩みや疑問にお答えする内容です。

 

 

音楽アプリ開発・音楽教育動画をアップしているScale Numbersが解説する「音楽プロデューサーのためのピアノ・キーボード理論講座」をかんたんにまとめてみました。

 

以下のことがらについて、初心者向けに解説していきます。

 

・メジャースケールって何?
・マイナースケールって何?
・「解決」って何?
・コードって何?
・トランスポーズって何?

 

今回はPart2として、最初の3つ「メジャースケールって何?」「マイナースケールって何?」「”解決”って何?」を取り上げていきます。

 

Part1「メジャースケール・マイナースケール」はこちら

 

スポンサードサーチ

「コード」とは?

 

コードとは、主にそのスケールで使われている音を使って構成される和音のことです。

 

たとえばCメジャーキーの場合。

スタート(スケール1番目の音)はドで、ドを基準としたコードは「ド・ミ・ソ(1・3・5)」となります。

スケールで次に使われているのはレ(2)の音ですね。

スケールで使われている音を使うと、レを基準としたコードは「レ・ファ・ラ(2・4・6)」となります。

 

同様に、3番目は「ミ・ソ・シ」4番目は「ファ・ラ・ド」など、スケールの構成音を使って、そのスケールに合ったコードを作ることができます。

 

画像:動画より

 

メジャースケールの場合、1・4・5番目のコードはメジャーコードに、2・3・6番目の音はマイナーコードに、7番目のコードはディミニッシュコードとなります。

 

現代音楽で主に使われるのは、1・4・5・6のコードで、7はあまり使われません。

たとえば、「4−1−5−6」というコード進行などがよく使われますね。

 

画像:動画より

 

マイナースケールの場合、1・4・5はマイナーコードに、3・6・7はメジャーコードに、2はディミニッシュコードになります。

たとえば、「1−7−4−6」というコード進行がよく使われます。

 

よくあるコード進行

 

 

画像:動画より

 

こちらが、よくあるコード進行のパターンです。

 

トランスポーズ

 

トランスポーズとは、かんたんにいうと「キーを変更すること」です。

 

たとえば、Cメジャースケールで作っていた曲を「トランスポーズ」し、半音+4するとEメジャースケールになります。

トランスポーズすると、コード進行の雰囲気はそのままに、響き方をガラっと変えることができます。

 

ここからは、いくつかトランスポーズした例を見ていきましょう。

 

トランスポーズの例

 

画像:動画より

 

Kygoの「Sexual Healing」をCメジャーキーにトランスポーズさせてみましょう。

 

まずは原曲を聞いてみましょう↓

 

 

次はCメジャーキーにトランスポーズさせた版↓(5:52~)

 

 

次は、Aviciiの「Levels」をCメジャーキーにトランスポーズさせてみます。

 

画像:動画より

 

原曲はこちら↓

 

 

次はCメジャーキーにトランスポーズさせた版↓(6:08~)

 

画像:動画より

 

次は、Bruce Hornsbyの「The Way It Is」をCメジャーキーにトランスポーズさせてみます。

 

画像:動画より

 

原曲はこちら↓

 

 

Cメジャーキーにトランスポーズさせた版(6:31~)

 

 

次は、Martin Garrixの「Animals」。

 

画像:動画より

 

原曲はこちら↓

 

 

マイナースケールにトランスポーズさせると…(6:46~)

 

 

このように、トランスポーズさせても楽曲は崩壊することなく、違った雰囲気に聞かせることができます。

トランスポーズもぜひ活用してみましょう。

 

よりコード進行を学びたい方・活用したい方には、こちらの書籍がおすすめです!

 




 

Part1はこちら↓

 

https://www.mizonote-m.com/piano-theory-for-musicproducer-scalenumbers-1