【DTM】Spectrasonics社「Omnisphere」の使い方【マルチ画面】

【DTM】Spectrasonics社「Omnisphere」の使い方【マルチ画面】
Omnisphereは世界中で使われているシンセだけど、一体どんなことができるの?

とりあえずプリセットを選んでいるだけで、正直具体的な使い方をよくわかってないな…

 
今回はこのような方のための内容です。
 

 

作曲家・サウンドデザイナーのMikael Baggströmが解説「30分で学ぶOmnisphereの使い方」をかんたんにまとめてみました。

 
今回はこのうち「マルチビューの使い方(MULTI)」の部分をまとめています。
 
Part1:5つのクイックTips(画面サイズ、アップデート、Multi・Parts・Layers、+/-ワークフロー、青いライト)

Part2:プリセットブラウザとSound Match

Part3:マルチ(Multi)

Part4:メインビュー・レイヤービュー

Part5:FXラック・アルペジエイター

Part6:オーブ
 
DTM界では有名なこのシンセですが、使い方をいまいちよくわかっていない方もいるのではないでしょうか?
 
今回は、「プリセットを選ぶだけのレベル」から「機能を使いこなして、自分好みの音作りができるレベル」までステップアップできるように解説していきます!
 


SPECTRASONICS ( スペクトラソニックス ) / Omnisphere 2 (USB Drive) ソフトウェア・シンセサイザー音源

SPECTRASONICS ( スペクトラソニックス ) / Omnisphere 2 (USB Drive) ソフトウェア・シンセサイザー音源

スポンサードサーチ

マルチビューとは?(MULTI)

 

 
画像:動画より
 
マルチビューは、Omnisphere画面上部のタブから選べる画面のことです。
 
1~8はそれぞれの「ポート」を表し、「MULTI」タブはポート全体を調整できる、いわゆる「ミキサー画面」にあたります。
 

MIXERタブ

 
MULTIタブを開くと、下には「MIXER」「FX」「LIVE」「STACK」という4つのタブが出てきます。
 
MULTIタブを開いた時に最初に出てくるのは、このうちの「MIXER」画面です。
 

 

スポンサードサーチ

FXタブ

 

 
画像:動画より
 
MIXER画面の右には、AUX 1~4までのツマミがあります。
 
これはFXタブで使っているエフェクトの量を調節するパラメータで、DAWでいうと「Send」にあたる機能ですね。
 

 
画像:動画より
 
各AUXには、最大4つのエフェクトをかけることができます。
 

LIVEタブ(LIVE MODE)

 
LIVEタブを開くと、LIVE MODEの調整ができます。
 
(動画では触れられていませんが、以下のサイトを参考に、ここではLATCH、TRIGGER MODE、STACK MODEの説明をもとに補足していきます)
 
Spectrasonics公式①
Spectrasonics公式②

 

LATCH

 

 
画像:動画より
 
「LATCH」をONにすると、音がリリースされても(鍵盤から指を離しても)、一度鳴った音は鳴り続けます。
 
もう一度同じノートが入力されると(鍵盤で押しなおす)と、音が止まります。
 
そしてまた同じノートが入力されると、音が出ます。
 

OFFにすると、MIDIで打ち込んだ音価と同じ長さで音が鳴ります。
 

TRIGGER MODE

 

 
画像:動画より
 
TRIGGERモードは、入力されたMIDIノートに応じて、リアルタイムでクオンタイズする機能です。
 
「即トリガーを適用する(immediate)」「16分音符(1/16)」「1拍(next beat) 」「1小節(next bar)の4種類から選ぶので、どれだけ正確にトリガーの音をクオンタイズするかを決められます。
 
「リアルタイムでのクオンタイズ」を調整する項目ですので、特にリアルタイムレコーディングをしているときに使えます。
 
 
デフォルトでは、「Immediate」の「I」になっており、長さを変えると、その音の長さのマークに切り替わります。
 

STACK MODE

 

 
画像:動画より
 
STACKモードでは、どの鍵盤を押したときにどのポートの音を鳴らすかどうかを決められます。
 
 
画像:Omnisphere 2 公式サイトより
 
横軸はノートの範囲(鍵盤の範囲)で、縦軸はベロシティを表しています。
 
例えば、画像左下の「Dark Electro Square Bass」の音は、鍵盤のC-1からB1の音を押した時にしか音が鳴りません。
 
左上の「Alley Pulse」の音は、C-1からB4の範囲で音が鳴りますが、音が高くなるにつれて、ベロシティが小さくなるようになっています。

 


 
つづき↓
 
https://www.mizonote-m.com/how-to-use-omnisphere-mikael-4/