【DTM】Spectrasonics社「Omnisphere」の使い方【メイン・レイヤー画面】

【DTM】Spectrasonics社「Omnisphere」の使い方【メイン・レイヤー画面】
Omnisphereは世界中で使われているシンセだけど、一体どんなことができるの?

とりあえずプリセットを選んでいるだけで、正直具体的な使い方をよくわかってないな…

 
今回はこのような方のための内容です。
 

 

作曲家・サウンドデザイナーのMikael Baggströmが解説「30分で学ぶOmnisphereの使い方」をかんたんにまとめてみました。

 
今回はこのうち「メインビュー・レイヤービューの使い方」の部分をまとめています。

 
Part1:5つのクイックTips(画面サイズ、アップデート、Multi・Parts・Layers、+/-ワークフロー、青いライト)

Part2:プリセットブラウザとSound Match

Part3:マルチ(Multi)

Part4:メインビュー・レイヤービュー

Part5:FXラック・アルペジエイター

Part6:オーブ
 
DTM界では有名なこのシンセですが、使い方をいまいちよくわかっていない方もいるのではないでしょうか?
 
今回は、「プリセットを選ぶだけのレベル」から「機能を使いこなして、自分好みの音作りができるレベル」までステップアップできるように解説していきます!
 


SPECTRASONICS ( スペクトラソニックス ) / Omnisphere 2 (USB Drive) ソフトウェア・シンセサイザー音源

SPECTRASONICS ( スペクトラソニックス ) / Omnisphere 2 (USB Drive) ソフトウェア・シンセサイザー音源

スポンサードサーチ

メインビューとは?

 

 
画像:動画より
 
メインビューは、Omnisphere画面中央にあるタブのうち、「MAIN」と書かれた部分の画面です。
 
ここは、A~Dまでのレイヤーなどを全てまとめて調整する画面です。
 
たとえば、メインビューでフィルターをかけた場合、使っているレイヤーすべてに対してフィルターがかかります。
 
そのため、使っているレイヤーすべてにかけたいエフェクトや設定は、メインビューでまとめて行うとよいでしょう。
 

レイヤービューとは?

 

 
画像:動画より
 
レイヤービューとは、MAINタブの右にあるA~Dの各レイヤーをエディットする画面です。
 
その名の通り、各レイヤーを個別にエディットすることができます。
 

スポンサードサーチ

シェア(Share)

 

 
画像:動画より

 
メインビュー左にある「SIGNAL PATH」は、デフォルトではNormalになっています。
 
Normalにすると、レイヤーはそれぞれ独自のパラメータを持つことになります。
 
つまり、レイヤーAとレイヤーBでは、それぞれ違う設定のフィルターをかけることができます。
 
対して「Share」にすると、ライトが黄色に点灯し、すべてのレイヤーが設定を共有(シェア)します。
 
そのため、どれか1つのレイヤーを変えると、他全てのレイヤーにあるパラメータも同様に変わります。
 

ウェーブフォームを変える

 
音色を変える方法は、プリセットを選ぶだけではありません。
 
各レイヤーの「OSCILLATOR」の部分でも、音色を変えることができます。
 
 
まずは、ウェーブフォームを変えてみましょう。
 
「SYNTH」タブを選択し、右クリックをすると、たくさんの種類のウェーブフォームを選ぶことができます。
 

 
画像:動画より
 

スポンサードサーチ

各設定を「ZOOM」する

 
前回も少し触れましたが、Ominsphereでは、より詳細な設定ができる「ZOOM画面」があります。
 
これは「MODULATION」や「OSCILLATOR」など、画面上にあるパラメータの右についている「+マーク+虫眼鏡マーク」のボタンを押すことで開けます。
 


 
画像:動画より
 

例えば、「MODULATION」のZOOM画面にあたる「MOD MATRIX ZOOM」の画面で、LFO1をCutoffに適用させてみましょう。
 

元の画面に戻ると、MODULATION欄にあるCutoffがしっかり動いていますね。
 

 
画像:動画より
 

手持ちのサンプルを使う

 
ウェーブフォームだけでなく、自分が持っているサンプル(オーディオファイル)を取り込み、エディットすることもできます。
 
これは、Omnisphereの大きな魅力の一つでしょう。
 

 
画像:動画より
 
まず、画面の「OSCILLATOR」の部分を「SAPMLE」にし、画面内をクリックしてプリセットブラウザに飛びます。
 
ここまでは、プリセットを選ぶ方法と変わりありません。
 
次は、画面右側の「USE AUDIO」の欄に、ご自身がお持ちのオーディオサンプルをドラッグ&ドロップします。
 

 
画像:動画より
 

こうしてオーディオを取り込めば、自分が持っているオーディオを、Omnisphere内で自由にエディットすることができます!
 

スポンサードサーチ

各レイヤーのバランス調整

 
A~Dまでの4つのレイヤーを使うことができますが、これらのレイヤーの音量をそれぞれ調節したい場合もあるでしょう。
 
その際は、「MAIN」タブのうち、画面中央の「NOTES」「LAYERS」のタブのうちの「LAYERS」をクリックします。
 
あとは、各レイヤーの音量を調整するだけでOKです。
 

 
画像:動画より
 

もしくは、Omnisphereの画面一番下のフェーダーを調節してもOKです。
 

 
画像:動画より
 

レイヤーのコピー

 
ちなみに、レイヤーは丸ごとコピーすることができます。
 
コピー元となるレイヤーを開いたあと、左上の「UTILITY」をクリックし「Copy Layer」を選びます。
 

 
画像:動画より
 
そのあと、ペーストしたいレイヤータブを開き、再度UTILITYを開き「PASTE Layer」をクリックします。
 

 
画像:動画より
 
テストしたい時などは、このように他のレイヤーにコピペ・試してから新しい音作りを試すのがいいですね。
 


 
つづき↓
 
https://www.mizonote-m.com/how-to-use-omnisphere-mikael-5/