【作曲のコツ】音楽制作をサクサク進めるために避けるべきこととは?

【作曲のコツ】音楽制作をサクサク進めるために避けるべきこととは?
1曲作るのにめちゃくちゃ時間がかかる…
アイデアはたくさん作れるけど、結局ボツになるアイデアばかり…

 

こんなお悩みにお答えする内容です。

 

 

イギリスの人気DJ&音楽プロデューサーのCurbiに聞いた「”Whip It”の制作背景インタビュー」の内容をまとめてみました。

今回はそのうち、「音楽制作をサクサク進めるために避けるべきこと」について語られた部分をまとめています。

 

スポンサードサーチ

まずは原曲をチェック

 

今回インタビューの題材となった「Whip It」はコチラ。

非常にかっこいいダンスミュージックです。

 

 

さてここからは、Curbiが語る「音楽制作をサクサク進めるために避けるべきこと」についてご紹介していきます。

 

「飽きる前に終わらせる」

 

[インタビュアー] 曲をたくさん作りはじめたけど、一方でその多くの曲をボツにしてしまうことがあります….

[Curbi] それは、トラックを何回も聞きすぎているからだと思いますね。

「この曲を終わらせよう」「完成させよう」と自分に言い聞かせることが大切です。

「その曲に飽きてしまう前に完成させる」というのがポイントだと思います。

 

「終わらせよう!」「曲を完成させよう!」という意識をちゃんと持っていないと、だらだら曲作りを進めてしまうんですね。

 

これをやらないと、

制作が長引く

曲を聞く回数が増える

曲に飽きてくる

やる気をなくす

ムダに時間がかかるようになる

この負のループにハマってしまいます。

 

スポンサードサーチ

最も時間を費やしたプロジェクトは○○時間で完成

 

ちなみに、インタビューでCurbiは「一番時間を費やしたプロジェクトは、100時間で完成した」と答えています。

それに対し、インタビュアーは最長で300時間の制作に及んだといいます。

 

どんなに大変なプロジェクトでも、プロはより早い時間で完成させているようです。

 

まとめ

 

「制作時間は、長ければ長いほどいいというわけではない」
「曲は聞きすぎてはいけない」

 

今回はこちらをご理解いただけたかと思います。

DTMで音楽を作るときは、ぜひ制作時間にも気を配ってみてください。