【作曲法】プロがDTMでオーディオファイルをよく使う理由

【作曲法】プロがDTMでオーディオファイルをよく使う理由
オーディオファイルとMIDIって、どっちをより多く使うべき?プロはどうしてるの?

 

今回はこのような疑問にお答えします。

 

 

イギリスの人気DJ&音楽プロデューサーのCurbiに聞いた「”Whip It”の制作背景インタビュー」の内容をまとめてみました。

今回はそのうち、「CurbiがMIDIよりオーディオファイルをよく使う理由」について語られた部分をまとめています。

 

スポンサードサーチ

まずは原曲をチェック

 

今回インタビューの題材となった「Whip It」はコチラ。

非常にかっこいいダンスミュージックです。

 

 

さてここからは、Curbiが語る「MIDIよりオーディオファイルをよく使う理由」についてご紹介していきます。

 

MIDIよりオーディオファイルをよく使う理由

 

[インタビュアー]プロジェクトファイルを見ると、オーディオファイルをよく使っているように見受けられますが…

[Curbi] そうですね。MIDIやシーケンスパターンよりも、オーディオを使っています。
ハウスのドラムや床にドカンと来るような音楽の場合、おもしろさを維持したいんです。
だから、おもしろみを保つためにより多くの要素(=オーディオファイル)を追加しています。

 

理由は、非常にシンプルですね。

 

多くの要素を入れて、おもしろみを出したいから

 

特にパーカッションやシンセのワンショット(One Shot)は、よくサンプルパックに大量に入っていますよね。

そういった要素ををちょこちょこ入れることで、曲に変化を加えたりおもしろみを増すことができるわけです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

オーディオファイルをよく使う理由は「多くの要素を入れて、おもしろみを出したいから」でした。

曲が平坦に聞こえてつまらないな、と思っている方は、サンプルパックに入っているオーディオ素材を入れるなどして、ぜひ試してみてください。