【ジャズにも使える】借用和音・モーダルインターチェンジの使い方【実践編】

【ジャズにも使える】借用和音・モーダルインターチェンジの使い方【実践編】

「借用和音」「モーダルインターチェンジ」って何?どんな時に使えるの?

パラレルキー・スケールって、これに使える?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

数々の音楽チュートリアル動画をアップしているMangoldProjectが解説する「ジャズピアノ モーダルインターチェンジ(借用コード)をシンプルに解説」をまとめてみました。

 

今回はそのうち、よく使われる借用和音・モーダルインターチェンジの例7つをまとめています。

前回:モーダルインターチェンジ・借用和音とは?

 

今日から実践できるようにまとめていますので、ぜひ最後までご覧下さい!

※ちなみにメジャーコードは「II」「IV」などの大文字で、マイナーコードは「ii」「iv」などの小文字で表しますので、こちらは覚えておいてください。

 

スポンサードサーチ

ii7(b5)

 

まず1つ目は「ii7(b5)」です。

いきなりちょっとややこしく感じるかもしれませんが、しっかり見ていけば大丈夫ですのでご安心ください。

 

こちらは、パラレルハーモニックマイナーキーから借りてきたコードを、サブドミナントとして使う例です。

サブドミナントとして使うので、このコードの次はドミナントに行くとスムーズな流れになります。

 

ii7(b5)を使う例①

 

画像:動画より

 

たとえば、よくある「2-5-1」の進行で使う場合。

7thを足して少しジャズっぽくおしゃれにしつつ、Cメジャーキーで使う場合は、このようになります。

 

Dm7(b5) – G7 – CM7

 

Cメジャーキーにおいて、G7はドミナント、Dm7はサブドミナントの役割があります。

 

ここで、サブドミナントであるDm7に、今回ご紹介する例「ii7(b5)」を当てはめてみましょう。

ここでは単純に、b5を付け足しただけで、「DFAC」を「DFAbC」にするだけですね。

 

それでは実際の音を聞いてみましょう。

 

4:24~4:42

 

ii7(b5)を使う例②

 

画像:動画より

 

次は、もう一つのサブドミナント「FM7」に適用する例です。

 

CM7 Am7 – FM7 G7 – CM7

 

このうち、サブドミナントであるFM7を「Dm7(b5)」に置き換えます。

それでは実際の音を聞いてみましょう。

 

5:04~5:24

 

iv6とiv7

 

次は、パラレルハーモニックマイナーキーからiv6やiv7を借りてきて、サブドミナントとして使う例です。

たとえばCメジャーキーの場合は、サブドミナントのコードを「Fm6」や「Fm7」に置き換えます。

 

こちらもサブドミナントとして使いますので、このコードの次はドミナントに行くことが多いです。

 

ii7(b5)を使う例

 

画像:動画より

 

先ほどと同様、2-5-1進行に対して使ってみましょう。

 

Dm7 – G7 – CM7

 

上記の進行を、

 

Fm6 – G7 – CM7

 

もしくはこのようにしてみます。

 

Fm7 – G7 – CM7

 

それでは、実際の音を聞いてみましょう↓

 

6:14~6:43

 

スポンサードサーチ

bVII7

 

次は、パラレルナチュラルマイナキーからbVII7コードを借りてきて、ドミナントに対して使う例です。

Cメジャーキーの場合は、Bb7をドミナントとして使います。

 

bVII7を使う例①

 

画像:動画より

 

それでは、2-5-1進行に対して使ってみましょう。

 

Dm7 – G7 – CM7

 

上記の進行のうち、ドミナントコードであるG7をBb7に置き換えます。

 

Dm7 – Bb7 – CM7

 

7:25~7:45

 

bVII7を使う例②

 

画像:動画より

 

それでは、少し複雑な例も見てみましょう。

 

CM7 Am7 – FM7 G7 – C7

 

この進行のうち、パラレルナチュラルマイナーからFm7を借りてきてFM7と交換、Bb7を借りてきてF7と交換してみましょう。

 

CM7 Am7 – Fm7 Bb7 – CM7

 

それでは、実際の音を聞いてみましょう↓

 

8:14~8:39

 

#iv7(b5)

 

画像:動画より

 

次は、もうちょっと面白い雰囲気になるパターンです。

 

パラレルリディアンモードからコードを借りてきて、トニックに対して使います。

Cメジャーキーの場合は、F#m7(b5) = F#ACEを使うことになります。

 

#iv7(b5)を使う例

 

それでは、名曲「Somewhere Over The Rainbow」に使ってみる例を見てみましょう。

 

まずは通常版から↓

 

CM7 Am7 – Em7 C7 – FM7 G7 – CM7

 

10:13~10:29

 

それでは次に、借用和音を使う例を見てみましょう。

トニックであるCM7を#iv7(b5)に置き換え、さらに同じくトニックであるAm7に対しては、セカンダリードミナントであるB7(b9)を当てはめてみます。

 

F#m7(b5) B7(b9) – Em7 C7 – FM7 G7 – CM7

 

ちなみにセカンダリードミナントについてはこちらにまとめています↓

 

【かっこいいコード進行】2ステップできる「セカンダリードミナント」の使い方【初心者OK】

【おしゃれコード進行】V/Vコード(セカンダリードミナント、Five of Five Chord)とは?

それでは、実際の音を聞いてみましょう↓

 

10:57~11:15

 

スポンサードサーチ

I7とIV7

 

次はモーダルインターチェンジとは少し違いますが、コードを置き換えて新しい響きを作る例です。

 

I7とIVを、トニック・サブドミナントとして使う例で、ブルージーな響きになります。

Cメジャースケールなら、C7とF7を使うことになります。

 

I7とIV7を使う例

 

画像:動画より

 

それでは、以下のパターンに対して、I7とIV7を使ってみましょう。

 

CM7 – FM7 – G7 – CM7

 

CメジャーセブンスコードとFメジャーセブンスコードがありますね。

これを、普通のセブンスコードに置き換えます。

 

C7 – F7 – G7 – C7

 

実際の音がこちら↓

 

12:32~12:53

 

bIIM7

 

画像:動画より

 

次は、ドミナントとしてbIIM7を使う例です。

Cメジャーキーの場合、DbM7になります。

 

ドミナントとして使うので、この次のコードにはトニックが来るとスムーズです。

ちょっとトリッキーなので、一瞬だけ使う、いわゆるパッシングコードとして使うのがよいでしょう。

 

bIIM7を使う例

 

Dm7 – G7 CM7

 

このコードに対して、bIIM7を使ってみましょう。

ドミナントであるG7を、DbM7に置き換えます。

 

Dm7 – DbM7 – CM7

 

あるいは、CM7に解決するために、G7とCM7の間に入れてみるのもOKです。

 

Dm7 – G7 DbM7 – CM7

 

それでは、実際の音を聞いてみましょう↓

 

13:47~14:24

 

スポンサードサーチ

bVIM7

 

最後にご紹介するのは、サブドミナントとして「bVIM7」を使う例です。

Cメジャーキーの場合は、AbM7を使うことになります。

サブドミナントとして使いますので、このコードの次はドミナントコードだとスムーズな流れになります。

 

bVIM7を使う例

 

画像:動画より

 

CM7 Am7 – FM7 G7 – CM7

 

この進行のうち、サブドミナントであるFM7をAbM7に置き換えます。

 

CM7 Am7 – AbM7 G7 – CM7

 

実際の音がこちら↓

 

15:10~15:35

 


 

以上がモーダルインターチェンジ・借用和音でよく使われる例でした!

概要編でもお伝えした通り、これらは非常に自由度が高いので、もっといろいろなパターンで使える可能性があります。

ただ、いろいろありすぎて混乱してしまう人は、ぜひ今回ご紹介した「よく使われる例」を参考に曲を作ってみてください!

 

楽曲をより面白く、おしゃれにするテクニックはこちらにもまとめています↓

 

ポップスの曲をリハーモナイズする方法①【ジャズフュージョンスタイル】