【作曲のコツ】コード進行をプロっぽくするコツ【LEVEL3】

【作曲のコツ】コード進行をプロっぽくするコツ【LEVEL3】
プロっぽいコード進行にするにはどうしたらいいの?コツはある?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

音楽プロデューサーのVoriesが教える「コード進行 3つのレベル」をかんたんにまとめてみました。

 

ここでは、シンプルなコード進行「LEVEL1」から、プロっぽいコード進行「LEVEL3」までを順を追って説明します。

こちらの記事を読むと、ありがちなコード進行を「かっこいいコード進行」にすることができますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサードサーチ

はじめに

 

今回は、Fマイナーキーで、こちらのよくあるコードをLEVEL1からLEVEL3まで進化させてみます↓

 

Fm – Db – Ab – Eb

 

↓実際のサウンド(0:55~1:08)

 

 

ちなみにFマイナーキーで使われる音はこちら。

 

F G G# A# C C# D#

 

これを踏まえて、コードをレベルアップさせていきます!

 

コードの基本

 

LEVEL1のコードを作る前に、まずはコードの基本から。

ちょっとつまらないと思うかもしれませんが、めちゃくちゃ大事なのでしっかりおさえておきましょう。

 

コードは2個以上の音を組み合わせて作られる

 

コードは、最低2音の音を組み合わせたものです。

今回は、Cを基本として、そこから音を重ねていきます。

 

画像:動画より x2

 

Cの半音3つ上のEb、Ebからさらに半音4つ上のGの音を足してみましょう。

 

C Eb G

 

こうすると、Cマイナーコードが出来上がります。

 

マイナーコードは「3+4」、メジャーコードは「4+3」

 

ちなみに、ルート音に対して「半音3つ+半音4つ」と重ねると「マイナーコード」、順番を逆にして「半音4つ+半音3つ」と重ねると、メジャーコードになります。

 

画像:動画より

 

上記は「CEG」で、Cメジャーコードになります。

 

画像:動画より

 

上記は「CEbG」で、Cマイナーコードになります。

 

オクターブ上げてみてもOK

 

ちなみに、コードの中の音を1オクターブ上げてみるのもOKです。

これは好みによるので、いいサウンドだなと思ったらやってみましょう。

 

画像:動画より

 

上の画像では、Eの音を1オクターブ上げています。

もちろん、逆に音を1オクターブ下げてみるのもアリです!

ただし、やりすぎにはご注意を。

 

スポンサードサーチ

LEVEL1:ダイアトニックコード

 

それではここからは、LEVEL1のコード進行を作ってみましょう。

こちらは「ダイアトニックコード」を使う方法です。

 

STEP1:ベースラインを決める

 

まずは、ベースラインを決めます。

 

C – G# – D# – A#

 

今回は、このようなルート音の流れにしていきます。

 

実際の音はこちら↓

2:07~2:11

 

STEP2:5thの音を入れる

 

次は、ルート音に対して5thの音を入れていきます。

つまり、ルート音から半音7つ上の音ですね。

 

画像:動画より

 

実際の音はこうなります↓

2:15~2:19

 

STEP3:3rdの音を入れる

 

先ほどの進行に3rdの音を入れて、メジャーコードとマイナーコードにします。

 

Cマイナーコード:C Eb G
G#メジャーコード:G# C D#
D#メジャーコード:D# G A#
A#メジャーコード:A# D F

 

こんな感じの音になります↓

2:34~

 

ダイアトニックコード

 

これらのコードは、いわゆる「ダイアトニックコード」と呼ばれるコードです。

コード進行を作るときに最も使われるコードです。

 

特にポップスでよく使われますが、上記の例はあまりにもよく使われすぎているので、ちょっと変えてみましょう。

 

G# – Fm – Cm – A#

 

STEP4:3rdの音を1オクターブ上げる

 

次に、コードのうち3rdの音を1オクターブ上げて、音と音の間に「スペース」を空けてみましょう。

 

画像:動画より

 

こんな響きになります↓

3:01~

 

STEP5:メロディーを入れる

 

それでは最後に、「参考メロディー」を入れていきます。

 

メロディーとコードは、お互いになくてはならない「共同体」のようなもの。

ここで入れる「参考メロディー」は、コードがメロディーとどう響き合っていくかを確認するのに重要になります。

 

3:21~

 

もちろん、この段階で歌える方は歌ってみてもいいですよ!

 

4:00~4:16

 

LEVEL2:コードをレベルアップさせよう

 

次は、LEVELのコードをレベルアップさせてこんなコードを作ってみます↓

 

G# add9 – Fm7 – Cm7 – A# sus4

 

「ヤバい、難しい…」と思った方、一つ一つ解説していきますので、ご安心ください。

 

STEP1:Fmコードをレベルアップさせてみよう

 

まずはじめに、LEVEL1で作ったコード進行のうち、「Fm」に着目してみましょう。

Fmコードは、このように成り立っています。

 

F:ルート音

G#:ルート音に対する3rdの音

C:ルート音に対する5thの音

 

では、このFmコードにスケール上の7thの音を付け足してみたらどうなるでしょうか?

 

Fマイナースケールにおいて、7thの音は「D#」ですね。

 

F G G# A# C C# D#

 

(今回はFマイナーキーで楽曲を作っているため「スケール上の7thの音」という表現ができますが、単純に「ルート音に対して7thの音」という解釈もできます)

 

この7thの音を入れると…セブンスコードの完成です!

 

4:54~4:59

 

STEP2:セブンスコードを足してみよう

 

それでは、同じ要領で「Cm」も「Cm7」に変えてみましょう。

Cに対して7thの音、Bbの音を入れます。

 

Cm7:C D# G A#

 

こんな感じの響きになります↓

5:02~5:09

 

雰囲気が出てきましたね!

 

STEP3:サスペンドコードを入れてみよう

 

次は、最後のコード「A#」に着目してみましょう。

先ほどは「3rdの音がルート音から半音3つ離れていればマイナーコード、半音4つ離れていればメジャーコードになる」というお話をしました。

「C Eb G」ならCマイナーコード、「C E G」ならCメジャーコードですね。

 

では、それ以上離れたらどうなるでしょうか?

 

サスペンドコード(Suspended Chord)

 

サスペンドコード、つまり、「Sus○コード」ができます!

たとえばルート音から半音2個分離れると、「Sus2コード」になります。

 

画像:動画より

 

A# Sus2なら、「A# C F」という構成になります。

 

5:35~5:37

 

一方、ルート音から半音2個分離れると、「Sus4コード」になります。

A# Sus4なら、「A# Eb F」という構成になります。

 

5:45~

 

STEP4:add9コードにしてみよう

 

それでは最後、コード進行のうち一番最初のコード「G#」を「G# add9」にしてみます。

 

add9とは、単純に9thの音を入れたコードのことです。

G#コードの場合、今回はFマイナーキーの楽曲ですので、A#が9thの音になります。

 

こんな感じの響きになります↓

6:09~

 

スポンサードサーチ

より豊かな響きに

 

このように、サスペンドコードや7th、9thコードを入れると、楽曲がより複雑に、そして面白く聞こえるようになります!

しかし、単純に「すでに使われている音を足す」という方法でも、響きはかなり変わってきます。

 

たとえばCメジャーコードで「C E G」という音を使っている場合、オクターブ上のCの音を足したり、オクターブ下のGの音を足してみたりしてもいいでしょう。

下の画像だと、緑の音が新しく足した音です↓

 

画像:動画より

 

それでは、LEVEL2のコード進行を一通り見てましょう↓

 

6:27~

 

LEVEL3:プロっぽいコード進行にしてみよう

 

さて、最後の段階に来ました!

ここからは、よりユニークで「ありきたりでないコード進行」にするためのテクニックをご紹介します。

 

まず、これまでに作ってきたコード進行のルート音を確認しましょう。

 

G# – F – C – A#

 

これをちょっと変えて…

 

G# A# – F G – C D# – A#

 

こんな感じにしてみます。

特に3小節目の「C」の音がいい感じに響きます。

 

画像:動画より

 

ここに、これまでのステップを踏まえてコード進行を乗せていきます。

 

実施の音がこちら↓

7:25~

 

コード進行に変化を加えてみよう

 

1小節目のルート音がA#のところには、まだ何も音を入れていません。

ここにA#メジャーコードに6thの音(G)を加えて、「A#6」を作ってみましょう。

 

2小節目のルート音がGのところは、7thコードにしてみましょう。

Gm7となります。

 

3小節目のルート音がD#のところは、分数コードで「Gm7/D#」にしてみましょう。

Gm7となります。

 

まとめるとこのようになります↓

 

G# A#6 – Fm7 Gm7 – Cm7 Gm7/D# – A#6

 

それぞれ、こんな感じの響きになります↓

7:33~

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

以上でLEVEL1からLEVEL3までのレベルアップが完了しました!

この内容をかんたんにまとめると、このようになります↓

 

画像:動画より

 

次に、このコードを実際の曲に使った場合の例を聞いてみましょう!

ドラムやパーカッション、ベースを足し、それぞれのレベル別に聞いてみます↓

 

LEVEL1

 

8:45~

 

LEVEL2

 

9:18~

 

LEVEL3

 

9:49~

 

コード進行が違うだけで、かなり響き方が変わったことがおわかりいただけたかと思います。

今回のテクニック、とても使えますので、ぜひお試しください!

 

さらにかっこいいコード進行にしたい方は、こちらの書籍と記事がおすすめです↓


ポップスの曲をリハーモナイズする方法①【ジャズフュージョンスタイル】